2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フサイチギンガ、ついにデビュー!!

 23日第3レース、フサイチギンガ(牡3・佐々木修一厩舎)がデビュー。もちろん単勝1.3倍の圧倒的な1番人気に支持された。注目のスタートは「隣にいた牝馬に気を取られていた」(菅原勲騎手)ため出遅れてしまったが、その後は持ち前のスピードで立て直して3番手をキープした。
 「コーナーをちゃんと回れるかが一番心配のタネ」(佐々木修一調教師)だったが、菅原勲騎手も承知済み。セーブをしながら、うまく3、4コーナーを回ってひとまず課題をクリアー。直線を向いてエンジンを全開させようとしたが、1300mスタート地点から外に大きくよれてラチ沿いまでぶっ飛んでしまった。
 それでも軌道を修正して外から鋭く伸びてきたが、直線のロスが大きく1着カントリーロックから0.2秒差3着に敗れた。
 「前半は余裕を残して追走できたので勝ちに行った。直線でちょっと内にササリ気味だったから、ムチを入れたら外斜行してしまった。でも能力が高いことは確信した」と菅原勲騎手。

 レース後の共同インタビューで佐々木修一調教師は「心配していたことがレースでも出てしまったが、まずはデビューできたことにホッとしている。今回のレースで矯正部分がさらにはっきりしたので、一つ一つジックリ克服していきたい。皆さんの期待に応えるような結果は出せなかったが、これからいい方向に向かっていくと思います。今後についてはまずはオーナー(関口房朗氏)にレースを報告してジックリ決めていきたい」と答えた。

 ゲート内では牝馬に気を取られて出遅れ。コーナーでもササリ気味に回って直線でひとムチを入れたら、大外にぶっ飛んでしまったフサイチギンガ。普通ならば大差しんがり負けを喫して不思議ないレースだったにもかかわらず、僅差3着にまとめたフサイチギンガ。競走馬として問題を山ほど抱えているが、逆の見方をすれば常識枠に収まりきらない『規格外の大物』とも解釈できる。まともにレースに集中できるようになれば、どれほどのスケールを持っているのか。こんなことを考えさせるのだからフサイチギンガはやはり大物だった。
【松尾康司】
スポンサーサイト

| テシオ情報局 スペシャル | 17:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フサイチギンガ、いよいよ出走へ

 昨年度の「岩手ダービー・ダイヤモンドカップ」時に水沢競馬場へ来場した関口房朗氏が「セレクトセールで購入した馬を岩手で走らせる」とトークショーで宣言したその馬、フサイチギンガ号が11月23日の水沢競馬第3競走で、いよいよデビュー戦を迎える。

 フサイチギンガは既報の通り、10月27日の盛岡競馬、フューチャー競走(JRA認定、2歳新馬戦)に出馬投票を行ったが、申し込み頭数がフルゲートを超えたため、抽選の結果選定外となって出走かなわず。次開催は態勢整わず回避、そして今回の出走となった。当初は今開催もフューチャー競走が予定されていたが、新馬の出走申し込み馬が不足して実施が不可能に。既に出走実績があって収得賞金が0の馬と合わせ、「2歳七組」戦として編成されている。

 フサイチギンガのデビューが遅れたのは気性難。夏場から水沢の佐々木修一厩舎に入厩して調整が進められたが、乗り込みが進むにつれて、左方向へヨレていく癖を見せはじめた。10月12日の能力検査ではチークピーシズを着用。スタート出遅れからダッシュがつかず前半は最後方、直線は脚を伸ばして4頭中の1着でゴールしたが、走破時計は平凡であり決して評価のできる内容ではなかった。

 10月27日の出走に向けての追い切りは左回り。内にトレジャースマイル、外にリュウノツバサ(同開催のフューチャー競走優勝馬)をおいての3頭で併せ馬を行い、コーナリングこそぎこちなかったが、これはまずまずのタイム。多少なりとも左回りの方がスムーズな印象を受けたし、このあとグッと気合いが乗って競走馬らしさを増してきた。血統的な面からも芝で走らせたいとの陣営の意向もあったが、前述の通り選定外となり出走はならなかった。

 次の出走予定は11月10日の水沢戦。今度は右回りでの追い切りでダンツフルタイムと併せようとしたが、3コーナーから外へ膨らみスピードダウン。直線は菅原勲騎手に気合いをつけられてきたが、やはり全体としては不安の残るもの。最終的に出走は見合わせざるをえなかった。

 次週16日には能力検査と同様の形で、850mのスタート地点にゲートを据えて実戦形式の練習。左眼だけに深いブリンカーをつけてきた。スタートは今一つだったが、ようやくゴールまで比較的スムーズに回ってきた。ブリンカー効果は相当強かったようで、その後は菅原勲騎手の進言で、ブリンカーは小さめのものに改められている。直前の調整は大雪による馬場の悪化で軽めにとどめられたが順調に推移し、ようやくデビュー戦を迎えることとなった。

 「地方競馬が元気にならないと、競馬がダメになってしまう」と関口オーナーが送り込んでくれた馬に、視線が集まらないわけがない。どういう結果が出るのか、緊張の瞬間は11月23日、11時45分に訪れる。
【取材・文/ケイシュウニュース 深田桂一】

| テシオ情報局 スペシャル | 18:59 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特別インタビュー/フサイチギンガの佐々木修一調教師に聞く

フサイチギンガ

 
―ようやくデビューにこぎつけましたね
皆さんにご心配をおかけしましたが、なんとか出走できる状態まで仕上げることができました。

―これまでの経緯を教えてください
 今年春でしたか。フサイチさんからお声がかかり、私でよければお願いしますと申し出ました。セレクトセール(2006)で1600万円の落札馬ですからね。このような高馬は岩手に滅多に入りませんし、フサイチさんは地方競馬を何とか活性化したいという思いで預ける訳ですから正直、プレッシャーは感じましたが、我々もスターホースを育てて岩手競馬を盛り上げたい気持ちはいっしょ。本当にありがたい話だと思って引き受けました。
 当時は社台ファームさんにいましたが、直接、自分の目で確かめたいと北海道へ出向きました。フジキセキ産駒らしく馬っぷりの良さが目を引きましたね。あとは気が強いタイプではないかと思いました。

―その後、山元トレセン(宮城県)に移動しました
 もちろん山元へも行きました。入厩する日などの打ち合わせもしたかったので当時、短期免許で岩手騎乗していた内田(利雄)君といっしょに。その時は古馬と集団調教で坂路のメニューをこなしていました。

―8月末についに水沢へ来ました
 実は盛岡の芝でデビューさせたいと考えていましたが、化骨がなかなか進まなくて強い調教がなかなかできず、馬場入れを自重しなければならない時期もありました。

―注目度の高い馬でしたから大変だったと思います
 ずっと脚元は気にしていたんですが、ひとまずゲート試験だけは受けようと決断。実戦並みの調教をやると変わるケースも多くありますし、クリアーできることはしておこうと受けました。

―能力検査も無事合格しました
 いえいえ、スタートしたら外、外へ行こうとして(菅原)勲君もてこずっていました。それでも直線でシャープな脚を見せてくれたので、さすがモノが違うとは思いました。

―それでデビュー戦を待つばかりとなりましたが
 そうなんですよね。なんとかデビューさせることができると思っていたら、最終追い切りで外へぶっ飛んでしまって、どうしたらいいんだろうと悩みました。入厩後もいろいろな矯正馬具を使ってみましたが、ほとんど効果なし。もしかしたらデビューすらできないのでは…と絶望的になっていた時期もありました。

―しかし、23日第3レースでついにデビューしますね
 一か八かの勝負に出ました。外に行きたがるなら左側だけのブリンカー着用をつけてみたらどうかと。万難尽きた気持ちでしたから、最後手段と思って着用したら内にササりながらもようやくまともに走ってくれたので、これでようやく出せるな……とホッとしました。

―本当に大変でしたね
 まだ走ってみないことには分かりません。いつクセを出すかヒヤヒヤものですから、無事に走ってくれることを祈るのみです。

―デビュー戦を楽しみにしています
 皆さんをヤキモキさせてしまいましたが、ようやくデビューできそうです。幸い、ここにきて気合いが出てきましたし、動きもずっと良くなっていますので、いい結果が出てほしいですね。
―ありがとうございました

【取材・文/松尾康司 写真は8月末水沢到着時のフサイチギンガ】

| テシオ情報局 スペシャル | 18:58 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トレジャースマイル いよいよデビュー!

フジポン&トレジャースマイル
オーナーさんからのメッセージ
 トレジャースマイルとの出会いは昨年、父親の所有馬を見に行ったついでに村上昌幸調教師と他の牧場にも足を伸ばした時でした。顔が非常にきれいで均整の取れた馬体をしていたトレジャースマイルを見て(村上)昌幸さんが是非、預からせてほしいと頼まれたのがきっかけでした。
 最初はあんなにくっきりとしたハートマークではありませんでした。どちらかと言うと丸っこい流星でしたが、何度か写真が送られてきたら本当にハートマークになってきたので、これは行けるかもと昌幸さんと盛り上がり、今に到った次第です。
 岩手が厳しいことはいろいろと聞こえてきますが、トレジャースマイルで話題となって何とか岩手競馬が元気になってほしいと願っています。
 トレジャースマイルの命名は直接的にハート何とかだと芸がないと思って、あれこれと考えました。幸い、私たち一家みんなが競馬大好き人間ですから、家族の宝物という意味をこめてトレジャースマイルとしました。
 みなさん、これからも岩手競馬とトレジャースマイルをよろしくお願いします。

村上昌幸調教師
 岩手競馬を盛り上げたいという思いでいろんな方に声をかけましたが、反響の大きさに正直、驚いている面もあります。私も競馬に長く関わっていますが、これほどくっきりしたハート型の特徴は見たことはありません。トレジャースマイルが私たちに幸運をもたらしてくれるような馬になってくれればいいですね。
 今年は馬インフルエンザが全国で猛威を振るい、トレジャースマイルもその影響を受けて入厩が予定より遅れてしまいましたが、順調そのもの。お陰さまを持ちましてゲート試験、能力検査も一発で合格して無事にデビューできる運びとなりそうです。
 ただ能力検査を使ってから、ちょっとイレ込むようになってうるさくなってきました。それで額のところをくりぬいたメンコをつけることも考えましたが、それだとせっかく見に来てくれたファンをガッカリさせると思いまして素顔で出すことを決意しました。
 そのような状態ですからパドックでうるさくなるかも知れませんが、そのあたりはご了解ください。競馬ですから結果はどうなるか分かりませんが、みなさんに愛される馬作りをしていきますので応援をよろしくお願いします。

| テシオ情報局 スペシャル | 21:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LJS2007水沢ラウンド観戦記

 11月5日(月)、全国の女性ジョッキー11名が参戦し、「レディースジョッキーズシリーズ」水沢ラウンド第1戦、第2戦が行われ、地元代表・皆川麻由美騎手が堂々、第1位で通過した。

 当日は平日月曜の開催だったにもかかわらず、多くのファンが水沢競馬場へ来場。遠方から駆けつけたファンもあちこちで見かけ、さらに華やかさに輪をかけた。
 いい企画、興味あるレースにはファンも敏感に反応する。改めてそれを証明したのが今回の「レディースジョッキーシリーズ」水沢ラウンドだった。第7レース終了後、女性ジョッキー全員がパドックに集合して意気込みをそれぞれ披露してくれたが、パドックはぎゅうぎゅう詰め。一人一人のコメントを聞き漏らさないように真剣に耳を傾けていた。
 そしてファンが多く集まれば集まるほど馬も騎手も燃える。2戦とも手に汗を握る熱戦となった。

 まず第1戦はコスモアテナ=増澤由貴子(JRA)が果敢に先手を奪い、絶妙のペースで逃げた。ラップ的には確かに前半ハイペース模様だったが、おそらくダート実績の薄いコスモアテナにはベストの戦法。直線まで粘って5番人気の馬を3着に持ってきた。
 増澤由貴子騎手は2日前の3日、JRA・東京競馬場で6レース、最終12レースで騎乗したが、これが実に1年ぶりの実戦。おそらくで言うが、今回のレディースJSがあったからこその騎乗ではなかったか。競走馬もそうだが、久々はレース勘が鈍るもの。2鞍騎乗した効果は絶大だったと思う。
 コスモアテナが逃げ、キョウエイマンボ=森井美香騎手(高知)が2番手外、内にトレンデラコスタ=山本茜騎手(名古屋)、間にエメラルケント=皆川麻由美騎手の隊列で進んだが、トレンデラコスタの手応えが怪しい。
 快調に飛ばしたコスモアテナを直線半ばでエメラルケントが捉えて先頭、大外を強襲したスコールイケズキ=別府真衣騎手(高知)の追撃を1馬身封じて快勝。見事、皆川麻由美騎手が第1戦を飾った。

 続く第2戦はラブイズカヌマ=山本茜騎手が好ダッシュを決めて先行。2コーナーでハナを譲らないとばかり、内からタンポポプリンセス=午房由美子騎手(浦和)が先頭に立つや山本茜騎手は無理をせずに一旦2番手に下げる。そこで若干折り合いを欠いたが、うまくなだめて3コーナー過ぎに再び先頭。あとはそのまま押し切り、内から盛り返したタンポポプリンセス、大外ネイチャーマインド=平山真希騎手(浦和)の追撃を凌いで1着。昨年、断トツで総合優勝を飾った実力をファンの前で見せつけた。

 以上の結果から水沢ラウンドは26ポイントで皆川麻由美騎手が1位で通過、2位には24ポイントで山本茜騎手がつけ、同点3位で別府真衣騎手(第2戦の結果による)という順位となった。
 レース後、皆川麻由美騎手はインタビューに「トップに立てたのは嬉しいが、2戦目が悔しい(7着)。ファンの皆さん、すいませんでした。(第1位のままで)逃げ切ります」と優勝宣言した。
 2位の山本茜騎手は「両レースとも勝つ気で乗ったが、2戦目に結果を出せてよかった。その2戦目は自分の馬のペースだけを考えて乗りました」とコメント。
 また3位の別府騎手「2戦ともあまり人気がなかったが、馬が頑張ってくれた。逆転を考えられる位置につけたので、あとの2戦も頑張りたい」と逆転優勝に手応え十分のコメントを残した。
 最終レースが終わった表彰式でも多くのファンが残り、3名の健闘を祝福。そして式終了後もファンのリクエストに応えて握手、サインを快く応じてくれた姿が印象的だった。ファンもジョッキーも大いに盛り上がった一日、それが女性騎手の戦い「レディースジョッキーシリーズ2007」だった。

【文・松尾康司】

| テシオ情報局 スペシャル | 18:00 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。