2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マサノパンダの城地藤男調教師へ直撃インタビュー

マサノパンダ 4月29日(火)、今年度岩手競馬の重賞第一弾「第8回留守杯日高賞」(3歳牝馬 水沢1600m)が行われる。このレースは中央競馬に例えると桜花賞。いよいよ岩手競馬もクラシックシーズンに突入します。そこで今回、トライアル・菜の花賞を快勝したマサノパンダを管理する城地藤男調教師に直撃インタビューを試みました。

―菜の花賞は見事でした
 ありがとうございます。マサノパンダは右回りのマイル前後がベストの条件ですから、ひと仕事やってくれるんでは…と密かに期待していました

―2番手キープから4コーナーでピンクゴールドに並びかけられましたが、そこからまた突き放した
 いい内容でしたね。大外(10頭立て10番枠)に入ってどうかと思いましたが、すぐ2番手につけることができたのも勝因でしょう。元々、気性が激しくてパドックではいつも2人引き。攻め馬はまったく動かないし、普段はおとなしいのに実戦に行くとガラリ一変します

―追い切りでは本当に反応が鈍いそうですね
 ええ。併せ馬をやっても、どんなに叩いても15―15がようやくですから。これほど攻め馬駆けしないのも珍しいが、多分、レースと練習は別だと分かっているんでしょうね

―お母さん(ジョージバンダ)がベラミロードと同期で北関東オークス馬。血統背景もしっかりしています
 気性の激しさは、その母親譲りみたいですよ。それとマジックマイルス(父)との相性も良いのでは、と思って是非、預からせて欲しいとオーナーにお願いしました

―その素質が菜の花賞で開花した
 芝はからっきしダメですが、ダートでは一度も着外がない。あと今年、気性的にも成長したなと思っていたら、菜の花賞を勝ってくれた。素直にうれしいですね

―モエレアンドロメダも日高賞にエントリーしました
 ハイレベル北海道で2勝したのに、岩手ではまったく走らない。それで前回(菜の花賞)からマルタンガールを着用してみたんですよ。3コーナーで前が詰まる不利を受けましたが、直線はすごい脚を使ってくれた。マルタンガール効果てき面でしたね

―昨年、大活躍したマツリダワルツとどこか似ています
 ガサはないけどいいパンチ力を持っていますね。現時点では距離が短いかもしれませんが、こちらも注目してみてください

―昨年、マツリダワルツは2着でしたが、今年こそ日高賞を取りたいところですね
 なんとか期待に応えるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします

【松尾康司】
スポンサーサイト

| テシオ情報局 スペシャル | 14:07 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の岩手競馬CMキャラクターは東幹久さんに決定!!

東幹久さん

 4月18日(金)、盛岡競馬場で行われた共同記者会見で今年度の岩手競馬CMキャラクター、スポークスマンに、俳優の東幹久さんを起用することを発表した。しかもCM契約料は“0円”、出演料は岩手競馬の売上げ次第というのだから周囲もビックリした。
 東幹久さんはこれまで数々のドラマ、映画に出演してきたが、昨年は盛岡がメイン舞台となったNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」で老舗旅館「加賀美屋」七代目大女将・環の長男・伸一役で出演。そのドラマが縁となって今回のCMキャラクター出演を快諾したもの。
 「撮影で何度か岩手を訪れ、さんさ踊りの撮影などで地元の人たちとふれあいを持ったが、とても優しさを感じた。今回、話が来たときこれはご縁だなと思って是非、やらせてほしいと引き受けました。契約料ゼロ、ギャラは売り上げ次第の考え方はおもしろいし、夢がある。今日、撮影で早朝から盛岡競馬場を訪れたが、だんだん明るくなっていくと芝が鮮明に浮き上がって感動した。地方競馬でこんなにすばらしいコースがあって驚きました」
 東さんが初めて競馬場に行ったのが府中競馬場。父親が競馬ファンでそれ以前にもテレビで観ていたが、当時、小学校一年生だった東さんは生で見た競走馬の大きさ、筋肉の美しさ、そしてひづめの音に鳥肌が立ったという。
 ちなみに自分と同じ“アズマ”の冠名の馬が好きで、古くはアズマハンター(!)のファン。現在も撮影スタッフに競馬愛好者が多く、ドラマ収録を中断していっしょにレース観戦などをしている。
 またTV番組(ウルルン滞在記)では南フランス・プロバンスに2週間ほど滞在し白馬を調教、実際に乗馬大会に出場した経験を持つほどの馬好き。今回、岩手競馬のCM出演は、本人が語ったとおり「縁があった」に違いない。
 撮影では馬を応援するシーン、厩舎で馬を洗うシーンなどを撮ったが、そこで世話になった櫻田勝男厩舎スタッフから岩手競馬を何とかしたいと気持ちがヒシヒシと伝わってきたそうで、CM出演だけではなく自分ができることすべてをやってみたいと語った。
 東幹久さんが出演するCMは4バージョンあり、早ければ4月下旬、遅くても5月上旬に放映される予定だ。

| テシオ情報局 スペシャル | 00:20 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

今シーズンの3歳レース体系について

昨年の菜の花賞
昨年の菜の花賞:優勝パラダイスフラワー

 岩手の2枚看板であったG1・ダービーグランプリは諸事情によって休止。創設当時からずっと取材してきた人間にとっては寂しい限りだが、これも時代の流れ。
 ダート3歳のカテゴリーから9月実施はテーマ付けが難しい上、開催時期の変更は全国の日程調整から至難のこと。そして現在の岩手の体力からも休止はやむなしの選択だったと思う。

 ただ、それによって岩手競馬のレース体系はスッキリしたのも事実。3歳ダート路線は牡馬(牝馬も出走可能)が阿久利黒賞(皐月賞)→岩手ダービー・ダイヤモンドカップ(ダービー)→不来方賞(菊花賞)。牝馬は留守杯日高賞(桜花賞)→ひまわり賞(オークス)からダイヤモンドカップへ。また夏には3歳以上牝馬の全国交流ビューチフル・ドリーマーカップ(エリザベス女王杯)が実施され、3歳牡馬、牝馬ともレース体系が明確となった。

 今週13日(日)メインは第8回菜の花賞。位置づけは留守杯日高賞トライアルで、昨年はパラダイスフラワーがトライアル、本番と連勝。グレードウィナー(エーデルワイス賞・G3)の貫禄を見せつけた。しかし、その後はマツリダワルツが3歳牝馬の勢力図を塗り替え、3歳路線の王道もおもしろくした。また一昨年はサイレントエクセルがぶっつけで留守杯日高賞へ臨み、以降の活躍はご存知のとおり。
 過去、何頭となく牡馬顔負けの牝馬が誕生してきた岩手3歳牝馬陣。つまりダイヤモンドの原石捜しの始まりが、この菜の花賞でもある。【松尾康司】

| 未分類 | 22:00 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファンブック2008

ファンブック2008 4月5日から水沢、盛岡の両競馬場、各テレトラック等で配布予定の『みちのくレースのすべてが分かる!ファンガイドブック』を是非、手にしてご覧になってほしい。
 このガイドブックは楽天、盛駿会(盛岡市役所:岩手競馬支援団体)のご協力を得てテシオ編集部が責任編集と作製をした。
 内容は盛岡、水沢競馬場ガイド、レース体系、今年度の岩手競馬主な変更点、ジョッキーラインナップ、リーディングジョッキー・トレーナー、馬の見方、競馬専門紙の見方、インターネットでの馬券購入の仕方、岩手競馬グランプリ2007受賞馬の紹介および今季の展望、開催日程、重特予定など可能な限り情報を盛り込んだつもりだ。

 しかし紙面の都合があるゆえ、説明が足りなかった部分、もっと紹介したいことがあっても割愛したことをお許しいただきたい。いろいろな制限がある中、どうすれば岩手競馬に親しめるのか、岩手競馬が分かるのかを最重要点として編集に取り組んだ。

 言うまでもなく地方競馬が常に抱えている問題は情報量不足。我々のその一端を担い、できるだけ情報を紹介しようとしているのだが、足りない部分は反省を含めて十二分に承知。それでもできるだけ知りたい情報をお伝えし、今後さらに強化していく所存だ。「週刊テシオ情報局」も昨年以上によりパワーアップを約束する。

 岩手競馬の再生、そして発展は今年にすべてかかっている。それもこれもファンの声援があればこそ。今年度も岩手競馬をよろしくお願い致します。

| テシオ情報局 スペシャル | 01:20 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。