2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先週の馬場傾向から・・・傾向を早く掴むのが勝利への近道!

 先々週(11月15~17日)は先行馬が総崩れの馬場だったが、先週(11月21~23日)は馬場傾向がガラリ一変した。11月29日、テシオ「今週の見どころ」でも紹介しているが、さらに詳しく先週3日間の傾向を報告してみたい。

11月22日(曇・馬場状態=不良)
    1着      2着
1R 5(2人気) 4(3人気)
2R 3(1人気) 2(4人気)
3R 1(1人気) 4(2人気)
4R 1(1人気) 5(2人気)
5R 1(1人気) 4(4人気)
6R 1(1人気) 2(2人気)
7R 1(1人気) 4(4人気)
8R 1(1人気) 8(6人気)
9R 10(5人気) 7(6人気)
10R 9(1人気) 4(6人気)

11月23日(曇→晴・馬場状態=不良)
1R 1(1人気) 2(2人気)
2R 7(1人気) 4(4人気)
3R 6(1人気) 5(4人気)
4R 1(1人気) 3(2人気)
5R 1(1人気) 3(4人気)
6R 1(2人気) 3(1人気)
7R 5(1人気) 4(2人気)
8R 1(2人気) 3(3人気)
9R 1(2人気) 3(3人気)
10R 1(4人気) 3(3人気)

11月24日(曇・馬場状態=重)
1R 2(2人気) 3(3人気)
2R 2(1人気) 5(2人気)
3R 5(1人気) 1(2人気)
4R 4(2人気) 1(5人気)
5R 2(1人気) 3(3人気)
6R 1(1人気) 3(3人気)
7R 10(5人気) 4(2人気)
8R 7(1人気) 2(2人気)
9R 7(5人気) 1(4人気)
10R 4(1人気) 2(10人気)

*表の見方は
1R 1着馬・5=前半の位置取り(単勝人気) 2着馬・4=位置取り(単勝人気)

 ちょっと見づらいかもしれないが、22日(土)は第3R~8Rまで6レース連続で逃げ切り。しかも10R中8Rが1番人気で1着、しかも7レース連続で1番人気=1着とほぼ本命サイドで決着した。

 翌23日(日)は10R中7Rが逃げ切り。また1番人気も10R中7Rで1着だったが、2着は前半の位置取りは若干違いがあるにせよ、注目すべき点は1、2着ともすべて4番人気以下の馬ばかり。3連単は紛れがあったが、馬複、馬単はほぼ本命サイドだった。

 しかし24日(月)は馬場状態が不良から重に替わったこともあったが、傾向が前2日とガラリ一変した。1番人気は10R中6Rだったが、逃げ切りは6Rの1レースのみ。2着に粘った馬も3レースにとどまり、差し有利の馬場に変わった。これは馬場状態だけではなく、ジョッキーも先行有利なら早め仕掛けようという意思が働いたと解釈もできる。

 それに伴い、後半4レース中3レースの3連単は万馬券。9R(北上川大賞典)20,810円、10R 32,540円。そして強烈だったのは7R4→7→2の143,960円。

結論:これらの傾向をできるだけ早く掴むのが勝利への近道。今開催は先行有利か差し有利か。人気の傾向はどうか。そして馬場の最内にコースを採った馬が有利か、それとも中を採った馬か、それとも外を回った馬か。

 以上のことも頭に入れながら、馬券を張って大もうけしてほしい。
スポンサーサイト

| テシオ情報局 スペシャル | 22:00 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北上川大賞典 出走馬紹介

 24日(月・祝)は岩手最距離重賞「第31回北上川大賞典」(水沢2500m)。このレースの優勝馬主には社台SSから種牡馬ゴールドアリュールの配合権利が与えられるが、皆さんにもビッグプレゼントがある。

 すでに岩手競馬サポーターズネットでも報告したとおり、奥州愛馬の会・奥州市馬事文化振興実行委員会主催で『北上川大賞典クイズ』を実施。クイズを的中させた方の中から抽選で奥州市の特産品をプレゼントする。
 クイズは全6問。うち5問は北上川大賞典にまつわるクイズ、そしてもう1問は今年の北上川大賞典優勝馬を当てるというもの。詳しくは『岩手競馬サポーターズネット』特設サイトをご覧になってほしいが、そこで今回は同レース出走予定馬の紹介をしてみたい。

◇北海道代表
・ジュークジョイント(牡7・成田春男厩舎)
 通算26戦3勝(うち中央2勝)。中央時代の3勝はすべてダート1700m戦(1勝は地方遠征・JRA札幌)。今年9月、中央準オープンから転入し初戦2着。2戦目は逃げて9着に敗れ、前走は本来の待機策に戻って0.6秒差4着にまとめた。父エルコンドルパサー、母父ノーザンテーストなら長距離OKだが、好走範囲はダート1800mまで―が過去のデータ。

・ラプレ(牡3・米川昇)
 通算13戦3勝(うち中央1勝)。今年の北海優駿はボクの3着。南関東へ2度挑戦して2歳時に鎌倉記念11着、3歳・黒潮盃14着と大敗を喫したが、9月、JRA札幌500万下(ダート2400m)へ挑戦。ブービーの11番人気だったが、見事な追い込みを決めて快勝。単勝6850円、3連単158万円の超高配当を演出した。そのレースを勝ったように2500mは大歓迎。

◇岩手代表
・ヤマニンエグザルト(牡8・伊藤和厩舎)
 通算93戦25勝(うち中央1勝)。例年、夏に調子を落とすケースが多かったが、今年はコンスタントに活躍。5月、あすなろ賞で水沢1900mのレコードを塗り替えて優勝。9月、すずらん賞も好タイムをマークして特別2勝。またマーキュリーCでは岩手最先着の5着に入線した。赤松杯はコンバットキックのクビ差2着に惜敗したが、2000mを克服したのが最大収穫。
ヤマニンエグザルト



・ソーユアフロスト(牡7・佐藤雅彦厩舎)
 通算29戦7勝(うち中央6勝)。中央6勝すべてが芝2000m。対してダートは06年、銀嶺賞7着一度のみと岩手の水が合うか不安視されたが、初戦の水沢1800m戦を豪快な直線抜け出しを決めて1着。ダート適性もあることを証明した。続くすずらん賞、青藍賞を2着にまとめ、南部杯は7着。今回はそれ以来の実戦となるが、乗り込み十分。待望の重賞獲りを狙う。

・サイレントエクセル(牝5・佐藤祐司厩舎)
 通算37戦12勝。近年の岩手最強世代。昨年はテンショウボスに2度も土をつけるなど、№2の座を不動のものとしたが、今シーズンは春先に脚部不安が発生。その影響が大きく、ずっとスランプに陥っていた。しかし前々走のA級戦1着で見事復活。TCKディスタフは8着に終わったが、タイム差は1秒。過去実績は他の追随を許さず、あとは初の2500mがカギを握る。

・ボスアミーゴ(牡4・鈴木七郎厩舎)
 通算28戦11勝。史上初の芝グランドスラムを狙ったOROカップでハナ差2着に敗れ、きんもくせい賞は極端な不良馬場に泣いて5着に終わったが、重賞1勝(せきれい賞)、特別4勝と芝では絶対の強さを誇る。しかし最大ネックはダート。昨年もきんもくせい賞から北上川へ直行したが、10頭立て7着。2.1秒もの大差をつけられた。ダートは割り引きが必要か。

・ダークマター(牡7・千葉四美厩舎)
 通算26戦4勝(うち中央4勝)。中央時代はダート1700m~1800mで4勝マーク。南関東5戦0勝を経て8月に岩手転入。当初は本調子も欠いて凡走したが、ここにきて復活急。前々走のA級戦で大外強襲しサンシャインヘイロのタイム差なし2着。赤松杯でも5着に入線した。傾向を見ると思い切った待機策に出ると好結果。果たしてどんな戦法を採るか注目。

・カネショウエリート(牡4・畠山信一厩舎)
 通算42戦8勝。昨シーズンまで芝1勝、ダート1勝のみにとどまっていた馬が今年になって大飛躍。苦手だった盛岡ダートも克服し5連勝をマーク。奥手メイセイオペラの血が全面開花した。その後、オープン芝路線に殴り込みをかけ、最初はキャリア不足を露呈したが、きんもくせい賞を鮮やかに逃げ切り。馬場も味方したが、ついに重賞ウィナーの仲間入り。長丁場は望むところ。
カネショウエリート



・コスモアンファング(牡4・吉田司厩舎)
 通算33戦0勝。中央11戦0勝に終わったが、2着1回3着3回。南関東9戦後に岩手入りし、芝に替わって動きが一変。あじさい賞で3着に入り、続くかきつばた賞で逃げ粘って2着。さらには重賞・きんもくせい賞でも2着を死守し、高配当の片棒を担いだ。いまだ未勝利が続くが、距離は長ければ長いほど本領発揮のタイプ。今の水沢の馬場も合いそうだ。

・アルゴ(牡5・佐藤雅彦厩舎)
 通算28戦2勝。大種牡馬サンデーサイレンス産駒、最後の世代。中央デビュー9戦0勝2着1回の成績で一旦、東海へトレード。そこで1勝2着2回の成績をあげ、中央復帰。2戦目の500万下で2着に入ったが、以降は精彩を欠いて今年9月、岩手へ新天地を求めてきた。盛岡2戦を勝って両目をあけ、以降3、5着。現在、B1へ在籍。オープン馬相手にどう戦いを挑むか。

・オウシュウクラウン(牡5・桜田浩三厩舎)
 通算31戦11勝。3歳時、岩手№1を確定させ、Jpn1・ジャパンダートダービーに参戦。全国の強豪相手に3着善戦し、一躍注目の的となる。帰郷後も不来方賞、阿久利黒賞を制し、3歳重賞を3勝。暮の桐花賞では古馬を一蹴して年度代表馬の座を射止めた。その後、スランプに陥り13ヵ月の長期休養。復帰後も精彩を欠いているが、ファンは復活の日を待ち望んでいる。

| 話題の人に聞く | 10:45 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南部駒賞/ワタリシンセイキを出走させる三野宮調教師に聞く

 16日(日)は岩手2歳伝統の「第36回南部駒賞」(水沢1600m)。このレースの優勝馬主には社台スタリオンステーションから種牡馬デュランダルの配合権利が与えられるとともに、優勝馬には来年のクラシック・皐月賞トライアルへの優先出走権が与えられる。

 今回は北海道からアラベスクシーズ、モエレオフィシャルの2頭が参戦する。今シーズンもワンダフルクエストが地元で大活躍。JRA・ファンタジーステークスを優勝したイナズマアマリリスもホッカイドウ競馬出身と非常にハイレベルを誇っている。北海道所属馬は過去、南部駒賞を2度制覇し今年も有望視されているが、迎え撃つ岩手勢の期待を一身に集めるのがワタリシンセイキ。そこで今週はワタリシンセイキを管理する三野宮通調教師インタビューを特集で組んでみた。
(取材日11月13日)

三野宮調教師
三野宮通調教師


―若駒賞はスタート直後に接触を受けるアクシデントがありながら、強いレースで勝ちました
 でしたね。ワタリシンセイキの隣に入った馬が外に大きくヨレ、後ろ脚を引っ掛けられてしまいました。それで落鉄の不利も受け、一時はどうなるかと。実際、関本淳騎手の話ですと“一瞬、走る気がなくなった”そうですが、よく気力を戻してくれましたね。行き脚がついてからは安心してみていられました。

―すごい精神力ですね
 普通の2歳馬では考えられないことですよね。改めてこの馬の逞しさを実感しました。

―レース前は左回りが若干心配だと語っていましたが、まったく問題しませんでした
 ダートなら右も左も関係ないんですね。それでも調教をやっている限り、右回りの方が動きはスムーズですね。

―今回はその右回り、水沢コースです
「今度も内枠、しかも最内の1枠に入りましたが、どこからでも行ける馬なので大丈夫だと思っています」

―若駒賞後の調整過程を教えてください
 レース後は大事を取って1週間ほど馬場入れを自粛しましたが、その後は順調そのもの。中追いも満足できるものでした。

―どのようなレース運びを考えていますか
 おそらく北海道の2頭をマークする形で進めると思いますが、自分の競馬に徹すればおのずと結果が出てくるはずです。あとはジョッキー(関本淳騎手)が思い切って乗ってくれるだけです。

―若駒賞を勝った後、南部駒賞の結果次第では遠征してみたいとおっしゃっていました
 ええ。もし今回も勝ってくれたら馬主さんと相談ですが、全日本2歳優駿にチャレンジしてみたい。GIですからJRA、地方から強いメンバーがそろいますが、いろんな経験もさせてみたいと思っています。

| 話題の人に聞く | 18:31 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥州愛馬の会・奥州市馬事文化振興実行委員会主催で『北上川大賞典クイズ』を実施します

 いよいよ岩手にも冬シーズンが到来。次週16日(日)には2歳伝統の「第36回南部駒賞」(水沢1600m)、翌週24日(月)には最長距離重賞「第31回北上川大賞典」(水沢2500m)が控えている。特に北上川大賞典は岩手オープンの根幹レースで大晦日恒例のファン投票・桐花賞へも直結する重要な一戦。
 それを記念して奥州愛馬の会・奥州市馬事文化振興実行委員会主催で『北上川大賞典クイズ』を実施。次週15日から募集を開始する。そこで今回、同事務局へ企画趣旨、応募方法、プレゼント内容などについてお伺いした。

―水沢開催も2週目に突入し今週9日は北上川大賞典トライアル・赤松杯。北上川大賞典でおもしろい企画を予定しているそうですね
 北上川大賞典は岩手競馬史に残る強豪が毎年、優勝してきました。ファンの皆さんにも馴染み深いと思いますが、そのレースを盛り上げると同時に、全国にもアピールできる何かができないか―と実行委員会で話し合いました。
 そこで出てきたアイディアが北上川大賞典にまつわるクイズを出し、的中者に奥州市の特産品をプレゼントしてみてはどうか。これこそが水沢競馬にふさわしい企画ではないか、と。水沢競馬は熱烈ファンが結構多いですからね。

―応募開始、応募方法をお教えください
 15日から応募を開始します。奥州市市役所、各総合支所、JA、商工会議所、競馬場などにクイズの用紙を置きます。クイズは5問、そして今年の優勝馬も予想してもらいます。投票は水沢競馬場サービスカウンター。それと岩手競馬サポーターズネット(tesio.jp)にも協力をお願いしてインターネット、携帯からも応募できるようになります。

―実は問題をちょっと見せてもらったんですが、なかなかコアなクイズが並んでいますね。自分は5問中3問が当たりでしたが、あとの2問はハズレ。そして最後の難関が優勝馬予想ですね
 歴史などを振り返ってもらえば、さらに北上川大賞典に対して愛着が沸くんじゃないですか。それに加え、勝ち馬当てクイズが加われば実際のレースも注目してみてくれると思います。

―締め切りは?
 北上川大賞典のレース当日(24日)、第8レース確定時まで。25日に水沢競馬場で抽選を行い、当選者の方には26日から発送する予定となっています。ネット投票も同じですので是非、締め切りに間に合うようどしどしご応募ください。

―気になる賞品ですが……
 奥州市といえば江刺りんご、奥州米など。賞品も地域密着型に徹底させました。詳しくは次週15日に発表します。

―非常に楽しみですね

| 話題の人に聞く | 15:40 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小学生が社会見学で訪問/盛岡競馬場

 11月5日水曜日、盛岡市立山岸小学校の3年生約90名が盛岡競馬場を社会見学で訪れました。

 市内の公共施設等を見学する一環として競馬場を訪れた生徒達は、まず競馬場内にある「櫻田装蹄所」を訪れて蹄鉄作りの実演を見学。続いて厩舎作業を見学した後、バスで場内を一周して帰途につきました。

社会見学01
●装蹄所に到着後、まずは蹄鉄の役割などを説明


社会見学04
●白椛装蹄師の実演見学。生徒達がぎっしりと取り巻いています


社会見学02
●真っ赤に焼けた鉄が徐々に蹄鉄の形になっていくのを、生徒達は興味津々な様子で見詰めます


社会見学03
●清水装蹄師の所では蹄鉄を作る道具を実際に手にとってみました。鉄を挟む金ばさみを「触ってみたい人」と聞くと手が一斉に挙がりました


社会見学06
●厩舎見学に移動。ちょうど夕飼い葉の準備をしているところで、厩務員さんに馬がどんなものを食べているか、教えて貰いました


社会見学05
●こちらでは厩舎の許可をいただいて馬の鼻に触ってみました。「ふにゃふにゃしてる」「柔らかい!」とみな驚いた様子

| テシオ情報局 スペシャル | 18:00 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。