2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

次走へのメモ/テシオ杯ジュニアグランプリ

ジュニアGP

 圧倒的な1番人気に支持されたベストマイヒーローが逃げ、直後2番手にスクランブルエッグ。3番手にシーグランディ。スタートで出遅れを喫したスカイキングラブは後方3番手からの競馬。
 4コーナーまで隊列はほぼ変わらず、直線入り口でベストマイヒーローがスクランブルエッグを一旦突き放したが、「外からシーグランディにつつかれたら再び走る気になった」(村上忍騎手)スクランブルエッグが一完歩ごとに差を詰め、ラスト50mで捕らえて半馬身差先着。デビュー3戦目で初の重賞タイトルを手に入れ、3年連続で北海道代表=社台ファーム生産馬が優勝を果たした。

 スクランブルエッグは父がタイキシャトル。母サニーサイドアップは中央3勝をマークし、アネモネステークスを優勝。桜花賞5着、オークス5着に入線した実績がある良血馬。前走・イノセントカップはブービーに沈んだが、芝に替わって動きが一変し、今回の勝利をモノにした。これが血の成せる業か。
 今後の予定については「今のところ白紙。北海道に帰ってじっくり考えたい」と林和弘調教師。スクランブルエッグの今後の動向に注目したい。

 一方、2着に敗れたベストマイヒーロー。デビュー戦・芝1000mを9馬身差で圧勝。しかも重馬場で59秒6の破格のタイムをマークし、2戦目の水沢1400m戦を8馬身差で逃げ切り圧勝。2戦ともスケールの大きさが際立っていた。
 それゆえ、今回も勝利を疑わなかったが、先手を奪うには奪ったものの道中の反応がもう一つ。巧みなレース運びでロスのないコースを進み、直線入り口で一度突き放したが、ジワジワと詰め寄られ、交わされるときも抵抗する気配なし。
 返し馬で掛かっていたと言う話だが、調子も本物でなかったのか。次のレースで真価を問いたい。

 3着シーグランディは前の2頭をマークする形でレースを進めたが、スクランブルエッグの上がりが36秒7に対し、シーグランディは36秒8。これは若鮎賞と同じ上がりタイムで、決め手の差が出たか。
 ただ前走比プラス11キロの474キロで出走し、体も若干重めだったか。こちらも次走で真価が問われる。

★勝利騎手コメント/村上忍騎手
「クセのない馬と聞いていたので、位置取りは出たなりで考えていた。2番手に控えても、しっかり折り合いがついて手応えも上々。直線入り口で一瞬、ベストマイヒーローに離されたが、外から馬が来たらまた伸びてくれた。芝の乗り心地もいいし、これからの成長も楽しみ」
スポンサーサイト

| 次走へのメモ | 08:00 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テシオ杯ジュニアグランプリ/有力馬の調教師に聞く

 19日(日)、盛岡芝1600mを舞台に行われる「テシオ杯ジュニアグランプリ」(2歳オープン 地方競馬全国交流)。
 今年もテシオではジュニアグランプリ優勝馬当てクイズを実施。的中者の中から抽選でドリームチケット5000円分×2口。妖怪セミナーin遠野の通し券ペア5組が当たります。
 その他にも隠し玉を用意していますので、奮ってご参加を!詳しくはウマウマ生活ステーション特設サイトをご覧ください。

 ここ2年連続で北海道勢が優勝しているが、今年の岩手2歳馬は豊作年と評判が高い。中でもベストマイヒーロー、シーグランディの2頭は目下2戦2勝。両馬激突は今回が初対決となるが、スケールの大きいレースを披露している。

 そこで今回のテシオ特集では2頭を管理する調教師、瀬戸幸一調教師、佐藤雅彦調教師のインタビューを紹介してみたい。まずはベストマイヒーローの瀬戸幸一調教師。

ベストマイヒーロー

今朝(16日)、最終追い切りを消化したそうですが
瀬戸(以下:略) 半マイルを持ったままで51秒台をマーク。納得のいく動きでした。調教パートナーが見当たらず苦労しましたが、鈴木七郎調教師にお願いしてカミノヌヴォーを併せました。実はロックハンドスターも考えましたが、同世代でないとガオルこともままありますからね。どうしても2歳馬同士で追い切りたかった。おかげさまで万全の態勢で臨めます。

トレーニングセールで結構な額で落札されたのを思い出します
 2戦とも圧勝ですからね。それだけの価値があったと思っています。盛岡は雨模様のようですが、デビュー戦の芝が重馬場でしたが、芝をガッチリ掴んで走っていましたから、どんな状態でも対応可能でしょう。

気の早い話になりますが、今後の予定をお聞かせください
 あくまでもジュニアグランプリを勝つことが前提ですが、JRAへ挑戦してみたいですね。この馬にはロックハンドスターとは違った路線を歩ませてみたいと考えています。

ちょうど話が出ましたが、ロックハンドスターの近況を教えてください
 ロックハンドスターも今朝、追い切りました。遠征が続きましたからね。まずは疲れを取ることを優先させて、平場(A級)を叩いて不来方賞、ダービーグランプリを予定しています。




続いてシーグランディの佐藤雅彦調教師。

シーグランディ


若鮎賞の勝利は収穫が大きかったと思います
 デビュー戦が逃げ切りでしたが、若鮎賞は予想以上に後ろの位置でしたからね。大丈夫かなと思うところもありましたが、ジョッキーが全然あせっていない。それで3コーナーから徐々に前へ接近して射程圏に入れ、あとは直線で抜け出す。非常にいい内容だったと思います。

ちょっとレース間隔が開きましたが・・・
 一度ダートを使う考えもありましたが、最終的に若鮎賞から直行しようと決めました。この間も順調そのもの。今日(16日)を含めて計3本の追い切りを消化できましたから前回同様、好仕上がりで送り出せます。

シーグランディもトレーニングセール出身馬。かなりの競り合いとなりました
 オーナーがセリ名簿でピックアップした1頭でした。景気のいい時でも高いのに、よく出してくれたと感謝しています。オーナーも自分で選んだ馬が活躍しているので、思い入れも大きいと思います。

芝1本でローテーションを組んでいます
 現時点では芝向きの動きかな、と。いずれ暮になればダートを使うでしょうが、今はこのジュニアグランプリに集中するだけです。

ファンもこの対決を楽しみにしています
 毎年、レベルの高い北海道勢。そして岩手勢も豪華。その中で勝ち負けに加わってくれれば嬉しいですね。

| テシオ情報局 スペシャル | 17:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次走へのメモ/青藍賞

青藍賞

 リュウノケンシロウが絶好のスタートを切ったが、マイネベリンダがハナをアピール。それを見てリュウノケンシロウがスッと2番手に控える。3番手外エスユーペニー、4番手インにマヨノエンゼル、圧倒的な1番人気支持されたゴールドマインは5番手外を追走した。

 当日朝、水沢は激しい豪雨と雷に見舞われたため不良馬場。その影響が大きく先行2頭は前半3ハロン36秒6の快調なペースで飛ばしたが、直線を向いてもスピードは衰えず上がり3ハロンも37秒6。

 この上がりを使われたら後続馬には苦しい競馬。2頭が行ったきりを決め、マイネベリンダが前走、ビューチフル・ドリーマーカップと同様、再び直線で二の脚を駆使。2着リュウノケンシロウに1馬身半差をつけ、牡馬を一蹴した。

 逃げ切りがマイネベリンダの勝ちパターンだが、フロックでないことは水沢1600m、1分39秒1の走破タイム。07年、テンショウボスが樹立したレコードに0.6秒まで迫るもので、速い時計勝負に抜群の強さを発揮した。

 2着に敗れたリュウノケンシロウの斎藤敏調教師は「2頭で競り合ったら共倒れになるので2番手は仕方なし。今回は勝った馬のスピードを誉めるべき」と納得の表情。いかにマイネベリンダのスピードがすばらしかったかが裏付けるコメントを残した。

 一方、ゴールドマインは速い時計に泣いたクチ。先行2頭からさほど離されず5番手外を追走したが、3コーナーでゴーサインを出しても反応がひと息。自己最高タイムを1秒1更新したが、リュウノケンシロウからも4馬身も離れた3着にとどまった。

 マイネベリンダの次走予定は「今のところ白紙」(小西重征調教師)だが、JRA相手の南部杯でも気っ風のいい逃げを見せてほしいところだ。

☆勝利騎手コメント/斎藤雄一騎手
「レース前から思い切って逃げようと考えていました。リュウノケンシロウにぴったりマークされ、3コーナーで一瞬、手応えが怪しくなったときはヒヤッとしましたが、自分の競馬ができると本当に強い。青藍賞データで逃げ馬は苦戦と聞いてましたが、逃げ切りを決めることができて最高の気分です」

| 次走へのメモ | 10:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次走へのメモ/ビギナーズカップ

100910-sp.jpg

 単勝1.2倍の圧倒的な1番人気に支持されたスニークが戦前の予想どおり逃げの手に出る。2番手外にサクラエガオ、3番手トーホクポラリス。3番人気リュウノフラッシュは4、5番手インの経済コースを進み、トーホクスピリットは5番手キープから向正面では4番手を追走。
 ただ、内からトーホクポラリス、外からサクラエガオも絡み、スニークのペースは思った以上に速かった。実力差があったにせよサクラエガオ9着、トーホクポラリスがしんがり10着に敗退。いかに前半の流れが厳しかったかを証明している。

 勝負どころの3コーナーでサクラエガオ、トーホクポラリスが早々と脱落。その内を突いてリュウノフラッシュがスルスルと進出。4コーナーでスニークの外に馬体を併せる。
 直線を向いて内スニーク、外リュウノフラッシュのマッチレースかと思ったのもつかの間、リュウノフラッシュがアッサリ抜け出して完勝。前走、スニークに完敗3着の雪辱を晴らした。

 リュウノフラッシュはデビュー戦・水沢850mでブービー8着に大敗。レースに参加すらできなかったが、2戦目2着。3戦目で直線一気を決めて初勝利をマーク。その後、若鮎賞、前走・ホープフル競走と連続3着からビギナーズCへ駒を進めた。キャリア6戦目はメンバー中最多の出走回数。

 今回の勝因は前半ペースが速かったことだけではなく、置かれずに追走できたこと。レースレベルの高さは水沢1400mで行われたビギナーズCで過去2番目の走破タイム。1分30秒を切ったのはワタリシンセイキ(1分29秒9)の1頭のみ。
 その後、ワタリシンセイキは岩手ダートでは無敗を誇り、2歳馬にして年度代表馬にもなった大物。リュウノフラッシュはそれに次ぐ1分30秒3をマークしたのだから、非常に優秀だ。

 次走予定は19日、盛岡芝1600mを舞台に行われる重賞・テシオ杯ジュニアグランプリ。今年の3歳重賞・オパールカップを優勝したリュウノボーイ(岩手デビュー。現在は船橋所属)に似たタイプ。下記のコメントにもあるとおり、軽い芝はさらに合いそうで次走も楽しみな1頭となった。

☆勝利騎手コメント/菅原勲騎手
「返し馬の手応えが良かったので前につける競馬をしようと考えていた。前半ハイペースは分かっていたが、それにしてもいい脚を使ってくれた。牡馬にしてはガサがなく、軽い馬場が合いそうなので芝適性も高そう」

| 次走へのメモ | 08:00 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次走へのメモ/すずらん賞・ビューチフル・ドリーマーカップ

★すずらん賞(3歳以上オープン 水沢1600m)

すずらん賞


 好枠を利してモエレハナオーが逃げ、2番手にジョウテンロマン。スタートで後手を踏んだサクラマジェスティが3番手インまで盛り返したが、折り合いを欠き首を振って嫌々をする。この不利は少なからず大きく影響した。
 その一方でゴールドマインは絶好の4番手外をキープ。後続の馬の動きを確認しながら、いつでも抜け出せる態勢を早くも取った。離れた5番手にマヨノエンゼル、後ろにソニックルーラーの序列で前半が進む。

 向正面過ぎ、ゴールドマインが徐々に前へ進出してペースアップ。3コーナーで射程圏に入れ、4コーナーでモエレハナオー、ジョウテンロマンの外に並びかける。その2頭も必死に粘っていたが、ラスト100mで先頭に立ち、あとは後続を突き放して2馬身半差。余裕タップリでゴールに入った。

 焦点は2着争いに絞られ、4コーナーまで前が壁になっていたサクラマジェスティが外に出すとグイグイと伸び、ジョウテンロマンをキッチリ交わし2着を確保した。

 ゴールドマインは今季初戦・赤松杯を完勝したが、シアンモア記念、早池峰賞と連続3着。勢い薄れたかに見えたが、水沢1400m重賞・岩鷲賞で反撃。その後、マーキュリーカップ6着を使ってこのすずらん賞へ臨んだ。

 今年の夏は猛暑続きでじっくりレース間隔を開け、万全の態勢で臨めたのが最大勝因。次走予定は2週間後の青藍賞となる模様。

☆勝利騎手コメント/菅原勲騎手
「スタートさえ決まれば勝ち負けできると思っていた。4番手外は理想のポジション。スムーズなレース運びもでき、文句のつけようがない内容だった」




★ビューチフル・ドリーマーカップ(3歳以上牝馬 水沢1900m)

ビューチフル・ドリーマーカップ


 今年は『グランダム・ジャパン2010』古馬シリーズにも組み込まれ、北海道、笠松、兵庫から計5頭が参戦。迎え撃つ岩手勢6頭の計11頭で覇を競った。

 マイネベリンダはスタート一息だったが、手をしごいてハナをアピール。それを見てコンゴウプリンセスが2番手に控える。離れた3番手に1番人気エレーヌ。2頭後ろにトウホクビジン、やや出遅れ気味だったライネスゴルトは8番手からの競馬となった。

 2コーナー過ぎからマイネベリンダが徐々に後続を引き離しにかかり、ペースアップ。コンゴウプリンセスは楽に追走したかに見えたが、3~4コーナー中間で手応えが怪しくなって失速。
 それを見てエレーヌはマークをマイネベリンダに替えて接近を図ったが、マイネベリンダのスピードは衰えず余裕で逃げる。直線を向いてもその差はさほど詰まらず、0.3秒差をつけてマイネベリンダが完勝。待望の重賞タイトルを手に入れた。

 2着にはエレーヌ、3着にトウホクビジン。ライネスゴルトは3コーナー手前から仕掛けたがモタモタしたところもあり、直線で盛り返そうとしたが4着にとどまった。

 マイネベリンダはトライアル・フェアリーCで1番人気に支持されたが、直線で失速4着。それで今回は評価を下げてしまったが、コンゴウプリンセスがガードする形となり、マイペースの逃げに持ち込めたのが最大の勝因。鞍上・斎藤雄一騎手は一昨年のジュリアに続いて同レース2勝目を飾った。

 一方、2着に敗れたエレーヌだが、マークしていたコンゴウプリンセスが早々と失速したのが痛かった。仮にマイネベリンダを相手と見ていたら結果が違っていたかも。
 今回は兵庫サマークイーン賞優勝から中4日の強行軍で臨み、最後の詰めが甘くなったのが激戦の疲れだろうが、それでもキッチリ連対を確保するのだから恐れ入る。一番強いレース内容だった。

 ライネスゴルトは伸び案外に終わって4着。輸送もクリアーしプラス2キロで出走。「物見をするところもなかった」(小嶋騎手)そうだが、勝負どころからの反応がもう一つ。これがアウェーの厳しさだったかもしれない。しかし、これから経験を積んでいけばビッグタイトルも決して夢ではないはず。

 コンゴウプリンセスはブービー10着に大敗。ひまわり賞で好タイムをマークして圧勝したが、これが全国古牝馬の壁か。勝負どころで早くも一杯となってしまった。捲土重来を期す。

☆勝利騎手コメント/斎藤雄一騎手
「道中、飛んでいるカラスに物見をしていた。たぶんリラックスして走れたのが良かったと思うが、まさか勝てるとは思わなかった。このレースが最大目標だったので本当に嬉しい。また大きいところで頑張って欲しい」

| 次走へのメモ | 22:00 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。