2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

=データ分析= 第16回 OROカップ

今年で16回目を迎えるOROカップは、JRA重賞級のメンバーがそろった。これは地方競馬、とくに南関東におけるOROカップの認知度の向上の現れと同時に、その馬の持つ個性・適性を活かすレースが盛岡にあるということを意味する。
 また、岩手育ちの馬たちにとっては、JRA重賞級のメンバーと戦える貴重な経験を積める場としてのOROカップ。特に今年はひとつの完成型なのかもしれない。
 今回のデータ分析は過去5回の結果を基にする。開催条件はすべて盛岡芝1700m。


☆ポイント1
勝者は1、2番人気から

 1番人気………〈3020〉
 2番人気………〈2102〉
 3番人気………〈0203〉
 4番人気………〈0005〉
 5番人気………〈0122〉
 6番人気………〈0005〉
 7番人気………〈0014〉
 8番人気以下…〈01022〉
 9番人気………〈0104〉
 10番人気以下…〈00013〉

 単勝平均配当………332円
 馬単平均配当……2312円
 3連単平均配当11052円
▼連下、3着争いは混戦となっているが、OROカップの覇者は1番人気か2番人気から誕生している。


☆ポイント2
健闘する3歳馬

 3歳………〈1216〉
 4歳………〈1005〉
 5歳………〈11015〉
 6歳………〈1123〉
 7歳………〈0128〉
 8歳………〈1004〉
 9歳以上…〈0001〉

▼3歳馬が1勝2着2回と活躍し、11年から3年連続で勝ち負けを演じている。逆に5歳馬は出走頭数の割合からすると率が悪い。

▽今年出走の3歳馬
  ブラックヘブン
  ターントゥタイド


☆ポイント3
ナターレとの比較

○12年13年OROカップ優勝
  ナターレ
   スパーキングサマーC
    →12年・1分42秒5(良)
    →13年・1分44秒0(稍)
▽今年の出走馬では
  スマイルジャック
   スパーキングサマーC
    →1分45秒7(良)

☆ポイント4
過去5回の結果から

○09年OROカップ
  優勝コスモバルク
   →せきれい賞2着
  2着ボスアミーゴ
   →桂樹杯優勝
  3着サウンドサンデー
   →生涯初芝レース

○10年OROカップ
  優勝コスモヴァシュラン
   →福島テレビOP7着
   →せきれい賞優勝
   →札幌日経OP12着
  2着サウンドサンデー
   →せきれい賞3着
  3着リュウノボーイ
   →オパールC3着

○11年OROカップ
  優勝ダブルオーセブン
   →札幌日経OP8着
  2着マチカネカミカゼ
   →せきれい賞優勝
   →札幌日経OP9着
  3着コスモヴァシュラン
   →せきれい賞3着

○12年OROカップ
  優勝ナターレ
   →生涯初芝レース
  2着ハテンコウ
   →オパールC3着
  3着コパノマユチャン
   →桂樹杯優勝

○13年OROカップ
  優勝ナターレ
   →前年OROカップ優勝
  2着ハカタドンタク
   →オパールC優勝
   →桂樹杯2着
  3着ファイアーフロート

▼OROカップと相性が良いのは、せきれい賞とオパールカップ。せきれい賞上位馬の参戦のなかったここ2年は、桂樹杯上位馬が馬券を構成した。

▽今年出走のせきれい賞上位馬は
  優勝カリバーン

▽今年出走のオパールC上位馬は
  2着ブラックヘブン

▽今年出走の桂樹杯上位馬は
  優勝ドリームフォワード
  2着コスモセンサー
  3着ハカタドンタク


☆ポイント5
福島テレビOPの時計

○10年OROカップ優勝
  コスモヴァシュラン
   →1分49秒0(稍)

▽今年の出走馬では
  ドリームバスケット
   →1分48秒5(良)・今季
  シルクアーネスト
   →1分48秒3(良)・昨季


◎データからの結論
 せきれい賞優勝カリバーンがOROカップ優勝に最も近い。福島テレビオープンの時計からドリームバスケットを上位にとり、昨季同レース優勝のシルクアーネストは連下までとする。オパールカップ2着ブラックヘブンも当然マークが必要。

データ分析/佐藤公亮
スポンサーサイト

| テシオ情報局 スペシャル | 18:23 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競馬ウィークリートピックス (2014年9月19日~9月24日)

岩手競馬では土曜日に第2回イーハトーブマイル、日曜日は第16回テシオ杯ジュニアグランプリが行われ2、3歳世代の実力がクローズアップされた。

 中央競馬では新潟競馬場で第68回セントライト記念が、阪神競馬場では第32回ローズSが行われ、3歳クラシック最終戦へ向け、有力馬が好スタートを切った。

 地方競馬ではJBC2014@盛岡に向けたプレップレース、第61回日本テレビ盃が船橋競馬場で行われクリソライトが勝利した。

岩 手 競 馬

◆9月19日(金)
▽今季5月3日から、岩手競馬で期間限定騎乗をしている大井競馬所属の千田洋騎手が、盛岡競馬最終日(11月10日)まで騎乗期間を再度延長することが発表された。
◆9月20日(土)
▽第2回イーハトーブマイル(3歳、ダ1600m)が行われ、6番人気の転入馬オールドバルディー(関本淳騎手、桜田樹厩舎)が、道中5番手から勝負どころで仕掛けて、最後の直線はインを突いて伸びてきたユナイテッドボスとの一騎打ち。これを頭差抑えて勝利した。勝ち時計1分40秒4(良)。
◆9月21日(日)
▽第16回テシオ杯ジュニアグランプリ(2歳、芝1600m)は、北海道の遠征馬3頭がレースを引っ張る展開。逃げたネガティヴが粘るところに大外から大井ロゾヴァドリナが迫る。そこから、直線入り口は4番手に下がっていたパーティメーカー
(斉藤雄騎手、北海道・田中淳厩舎)が鋭い決め手を発揮し、坂を上りきったところでは先頭に立ち、斉藤騎手のガッツ
ボーズとともにゴール。勝ち時計1分39秒4(良)。
※イーハトーブマイル、ジュニアグランプリともに詳しいレース回顧は9月29日付いわて馬テシオ、またはwww.tesio.jp内「週刊テシオ情報局・特集」をご覧ください。
◆9月22日(月)
▽第10RはFM岩手杯(B1級、芝1000m)。逃げたのは3歳馬ジャイアントスターとダイヤモンドパール。最後の直線に入ると、逃げた2頭の間を割るようにコスモワッショイが抜け出しをはかり、外からはコスモアックスが差し脚を伸ばす。
首差先着し、勝利したのはコスモアックス(斎藤雄騎手、瀬戸幸厩舎)。勝ち時計は59秒2(秒)
◆9月24日(水)
▽岩手県調騎会騎手部会(会長 村上忍)が、地域や子どもたちとのふれあいを目的に『岩手競馬ジョッキープレゼンツ ちびっこふれあいポニー乗馬』を実施した。 今年度3回目となる今回は、大坪慎騎手、齋藤雄一騎手、山本政聡騎手の3名が、盛岡市内にあるアイリス保育園を訪問し、ポニー乗馬などで、園児と一緒に楽しい時間を過ごした。

J  R  A

◆9月21日(日)
▽新潟第11Rの第68回セントライト記念(GⅡ、3歳、芝2200m)は1番人気イスラボニータ(蛯名正騎手、美浦・栗田博厩舎)が勝利。勝ち時時計2分11秒7(良)。2着には2番人気トゥザワールドが入った。
 イスラボニータは、父フジキセキ、母イスラコジーン(母の父Cozzene)。通算成績8戦6勝。

▽阪神第11Rの第32回ローズステークス(GⅡ、3歳牝馬、芝1800m)は2番人気ヌーヴォレコルト(岩田康騎手、美浦・斉藤誠厩舎)が勝利。勝ち時計1分46秒0(良)。2着には15番人気タガノエトワール。
 ヌーヴォレコルトは父ハーツクライ、母オメガスピリット(母の父スピニングワールド)。通算成績7戦4勝。

地 方 競 馬
◆9月20日(土)
▽10月6日(月)に盛岡競馬場、10月23日(木)に名古屋競馬場で行われる、『スーパージョッキーズトライアル(SJT)2014』本戦への切符をかけた『SJTワイルドカード』が佐賀競馬場で行われ、鮫島克也騎手(佐賀)、吉原寛人騎手(金
沢)が本戦出場権を獲得した。 なお、山本聡哉騎手は第8位だった。
◆9月24日(水)
▽船橋競馬場で第61回日本テレビ盃(JpnⅡ、3歳上、ダ1800m)が行われ、2番手でレースを進め、4角出口で先頭に立った1番人気クリソライト(戸崎圭騎手、栗東・音無秀厩舎)が、2着ダノンカモンに7馬身差をつけ優勝。勝ち時計1分
50秒1(良)。クリソライトは優先出走権を獲得したJBCクラシック(11月3日、盛岡、JpnⅠ、ダ2000m)に駒を進める予定。

| テシオ情報局 スペシャル | 16:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第16回テシオ杯ジュニアグランプリ  データ分析

今回のテシオ特集は、第16回テシオ杯ジュニアグランプリのデータ分析。データの基としたのは09年~昨年までの過去5回の結果。条件はすべて盛岡芝1600m。

☆ポイント1
1番人気は馬券にからむ

 1番人気………〈1310〉
 2番人気………〈1121〉
 3番人気………〈1103〉
 4番人気………〈1004〉
 5番人気………〈0005〉
 6番人気………〈1013〉
 7番人気………〈0005〉
 8番人気………〈0013〉
 9番人気以下…〈00013〉

 単勝平均配当………868円
 馬単平均配当……2548円
 3連単平均配当11610円

▼1番人気1勝のみだが、馬券にはしっかりとからんでいる。それでも勝ち馬は毎年違う人気から誕生している点にも注目したい。

☆ポイント2
北海道勢の強さ

 牡馬………〈344〉
 牝馬………〈211〉

 岩 手……〈135〉
 北海道……〈420〉

▼牝馬2勝はいずれも北海道所属。
岩手1勝は11年ワタリドラゴン。

☆ポイント3
過去5回の出目

 09年 ❷→4→3 (12頭立て)
 10年 9→8→❷ (9頭立て)
 11年 8→⑥→9 (10頭立て)
 12年 ❷→5→⑥ (11頭立て)
 13年 ❷→1→⑥ (11頭立て)

▼過去5年で4回「2」が、3年連続で「6」が馬券を構成する。そして、二けたの馬番は馬券絡みなし。

▽データ該当馬は
 2番 キモンイーグル
 6番 ラブブレイブ

☆ポイント4
今年の北海道勢は?

○09年ジュニアGP優勝
  ボヘミアン
   門別ダ1700m
   1分50秒7(重)
○11年ジュニアGP
  イブニングラッシュ
   門別ダ1200m
   1分16秒1(良)デビュー戦
○12年ジュニアGP2着
  メロディアス
   門別ダ1700m
   1分52秒4(良)
   札幌芝1500m
   1分30秒5(良)
○13年ジュニアGP優勝
  プレイアンドリアル
   門別ダ1700m
   1分52秒6(良)デビュー戦

▼過去5年のテシオ杯ジュニアGPで好走した北海道勢。今年の出走馬との比較材料にしてみた。

▽今年の北海道勢では
 ◇エクストリングラン
   門別ダ1200m
   1分16秒2(良)デビュー戦
   門別ダ1700m
   1分52秒1(良)
 ◇ハニームーン
   門別ダ1700m
   1分52秒7(良)
   1分50秒4(稍)
 ◇ネガティヴ
   札幌芝1500m
   1分30秒1(良)

☆ポイント5
若鮎賞3着以内が活躍

○09年ジュニアGP2着
  ロックハンドスター
    →若鮎賞優勝
○10年ジュニアGP3着
  シーグランディ
    →若鮎賞優勝
○11年ジュニアGP優勝
  ワタリドラゴン
    →若鮎賞優勝
○12年ジュニアGP3着
  ハカタドンタク
    →若鮎賞2着
○13年ジュニアGP2着
  ライズライン
    →若鮎賞3着
○13年ジュニアGP3着
  ターントゥタイド
    →若鮎賞優勝

▼岩手勢は若鮎賞3着以内が、テシオ杯ジュニアGPで活躍。特に若鮎賞優勝馬は12年マンセイグレネードが4着となった以外は馬券に絡む活躍。


◎データからの結論
 今年の北海道勢はエクストリングラン、ハニームーンを有力視したい。岩手勢は若鮎賞の結果を重視し、キモンイーグルが大将格となる。

データ分析/佐藤公亮

| テシオ情報局 スペシャル | 17:53 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競馬ウィークリートピックス(14年9月11日~9月17日) 第1回イーハトーブマイルを振り返る

岩手競馬では牝馬限定戦の第2回ヴィーナススプリント、古馬マイル路線の第22回青藍賞が行われた。

 中央競馬では怪我からの復帰を目指していた佐藤哲三騎手が現役引退を発表。エスポワールシチーとのコンビで09年、12年の南部杯を制したのは記憶にあたらしいところ。

 海外競馬では今年のドイツダービー馬で、凱旋門賞の有力馬の一頭だったシーザムーンが引退が発表。

岩 手 競 馬

◆9月13日(土)
▽第2回ヴィーナススプリント(OP牝馬、水沢1300m)は第11Rに行われた。
マイネヴァイザー(南郷家騎手、城地俊厩舎)が豊かなスピードを活かして、一人旅。最後の直線でチェリービスティー、カミノマーチが差し脚を伸ばすものの、それらを首、頭差しりぞけて、逃げ切り勝ち。勝ち時計1分22秒3(良)。

◆9月14日(日)
▽第9RはC1級六組、水沢1400m。再転入2戦目のアクイラ(斎藤雄騎手、桜田三厩舎)が逃げ切り勝ち。この勝利により、斎藤雄一騎手は地方競馬通算700勝を達成。

▽第11RはIBC杯第22回青藍賞(OP、水沢1600m)。1番人気コミュニティ(山本政騎手、桜田三厩舎)がハナを奪い、スローの逃げ。最後の直線に向いて一気に加速して、そのまま古馬初の重賞制覇を手にした。この勝利で水沢8勝目、水沢1600mは6戦6勝。
※ヴィーナススプリント、青藍賞ともに詳しいレース回顧は9月22日付いわて馬テシオ、またはwww.tesio.jp内「週刊テシオ情報局・特集」をご覧ください。

J  R  A

◆9月16日(火)
▽落馬事故からの復帰を目指していた佐藤哲三騎手(43歳、栗東・フリー)が、引退を発表した。
 佐藤騎手は2012年11月24日の京都第10Rで落馬。それから復帰を目指し6度に及ぶ手術を行ったが、復帰はかなわず、17日の誕生日を前に26年間の騎手生活に幕を下ろす決断をすることとなった。
◇佐藤哲三騎手
 1970年9月17日生まれ
◇JRA通算成績:
  10570戦938勝
  JRA重賞GⅠ6勝を含む45勝
◇主な勝ち鞍
 09年12年南部杯
   エスポワールシチー
 11年宝塚記念
   アーネストリー

海 外 競 馬

◆9月17日(水)
▽今年の独ダービー馬シーザムーン(牡3、独・Mクルーク厩舎)が、故障のため引退することがわかった。
 今月7日のバーデン大賞で2着に敗れた後に故障が判明。来年の復帰を目指したが、それも難しいと判断したオーナーにより引退が決まった。




第1回 イーハトーブ
マイルを振り返る

 イーハトーブマイルは今年で2回目。データとして、決め手に欠けることから、昨年の第1回イーハトーブマイル(13年9月21日・3歳、盛岡ダ1600m)を振り返る。
 レース名の『イーハトーブ』は宮沢賢治による造語。理想郷を意味する。語源は「岩手」(いはて)からという説が有力。
 イーハトーブマイルは昨年創設。ダート路線で岩手ダービー・ダイヤモンドカップと不来方賞の狭間に組まれ、不来方賞へ直結する。盛岡ダート1600mは南部杯と同じ舞台。2コーナー最奥ポケットから直線900mを走り、ワンターンでゴールまでの直線300m。
ラスト200mから上り坂もあり、ダート1600mでは日本最高規格のコースと断言して差し支えない。

 記念すべき第1回覇者はテンショウリバイヴ。デビュー時の馬体重が560キロで持ち前のパワーを前面に、新馬戦を快勝したが、気性難も災いして以降は勝ち星から遠ざかっていた。それでも交流重賞・南部駒賞で岩手最先着4着。素質の片りんはのぞかせていた。
 年が明けて3歳。ダイヤモンドカップで3着を確保したものの、自問自答の日々が続いていたが、芝・サファイア賞から 古馬編入初戦のB2級を6馬身差で圧勝。1年ぶりの勝利、待望の両目を開けてイーハトーブマイルへ駒を進めた。
 テンショウリバイヴは先団3頭の直後インを追走し、直線で前が壁になるシーンもあったが、馬群を割って力強く抜け出して2着コスモデスタンに1馬身半差。待望の初タイトルを獲得した。

| テシオ情報局 スペシャル | 15:54 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競馬ウィークリートピックス (2014年9月4日~9月10日)

岩手競馬では今季初めての2歳ダート重賞ビギナーズCが行われ、休み明けのランデックハナコが優勝。

 中央競馬では札幌競馬場、小倉競馬場で2歳重賞が行われた。

 地方競馬では、JRA東京競馬場で行われる「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」への出場権を賭けて争う、「スーパージョッキーズトライアル2014」とそのワイルドカード出場騎手が発表された。

岩手競馬トピックス

◆9月6日(土)
▽第11RはセプテンバーC(B2級、ダ1300m)。スタート直後に3番人気レーリュッケンが競走中止という波乱の幕開け。レースは4番枠からハナを奪ったエスカーダ(山本政騎手、桜田樹厩舎)が、2着以下に6馬身をつける快走。2着争いは
先行した3頭が競り合い、コスモデスタンが3着にコンマ1秒差先着した。勝ち時計は1分23秒0(良)。

◆9月7日(日)
▽第7RはB2級八組、ダ1600m。逃げ馬有利の馬場を感じさせない鋭い決め手を発揮して、バイオレントナイト(村上忍騎手、瀬戸幸厩舎)が岩手3勝目をマーク。
 鞍上の村上忍騎手にとっては、今季の岩手競馬100勝目となった。

▽メインレースは今季2歳重賞の第2弾、第32回ビギナーズカップ(2歳、ダ1400m)。1番枠からランデックハナコがハイペースで逃げそのまま最後の直線へ。ラブディーバ、トーホクフェアリーが一完歩づつ迫るも、3頭が並んだところでゴー
ル。結果ハナ・アタマ差抑えたランデックハナコ(斎藤雄騎手、桜田樹厩舎)が連勝で重賞を制覇した。勝ち時計1分31秒1(良)。
※詳しいレース回顧は9月13日のテシオ特集をご覧下さい。

◆9月8日(月)
▽第10Rには今注目のニホンピロララバイがB1級、ダ1400m戦に登場。レースは逃げたワタリルーブルを、勝負どころで捕まえたクロワッサンが4角先頭。その直後には早くもニホンピロララバイ。直線での追い比べになる間もなく、あっさり抜け出したニホンピロララバイ(山本哉騎手、佐藤雅厩舎)は、2着クロワッサンに2馬身半差つけ快勝。今季9勝目をマーク。勝ち時計は1分29秒2(良)。

JRAトピックス
◆9月7日(日)
▽小倉11Rの第34回小倉2歳ステークス(GⅢ、芝1200m)は15番人気オーミアリス(国分優騎手、栗東・藤沢則厩舎)が勝利。勝ち時計は1分8秒4(良)。

▽札幌11Rの札幌2歳ステークス(GⅢ、芝1800m)は5番人気ブライトエンブレム(田辺裕騎手、美浦・小島茂厩舎)が勝利。勝ち時計は1分50秒0(良)。 ブライトエンブレムの血統は父ネオユニヴァース、母ブラックエンブレム(母の父
ウォーエンブレム)。

地方競馬トピックス

◆9月4日(木)
▽「スーパージョッキーズトライアル(SJT)2014」とそのワイルドカード出場騎手が発表された。

◎SJT2014・ワイルドカード
 日時:9月30日(土)
 場所:佐賀競馬場
 出場騎手:11名
  岩橋 勇二(北海道)
  山本 聡哉(岩 手)
  山崎 誠士(川 崎)
  藤田 弘治(金 沢)
  吉井 友彦(笠 松)
  岡部  誠(愛 知)
  田中  学(兵 庫)
  永森 大智(高 知)
  鮫島 克也(佐 賀)
  川原 正一(兵 庫)
  吉原 寛人(金 沢)
◎SJT2014
・第1ステージ
 日時:10月6日(月)
 場所:盛岡競馬場
 出場騎手:14名
  宮崎 光行(北海道)
  村上  忍(岩 手)
  森  泰斗(船 橋)
  御神本訓史(大 井)
  真島 大輔(大 井)
  的場 文男(大 井)
  吉田 晃浩(金 沢)
  向山  牧(笠 松)
  丸野 勝虎(愛 知)
  木村  健(兵 庫)
  赤岡 修次(高 知)
  山口  勲(佐 賀)
  ワイルドカード優勝騎手
  ワイルドカード準優勝騎手

◎SJT2014
・第2ステージ
 日時:10月23日(木)
 場所:名古屋競馬場
 出場騎手:
    第1ステージ上位12名

◆9月8日(月)
▽船橋競馬所属調教師の川島正行氏は、病気療養中のところ薬石効なく、2014年9月7日にご逝去されました。ご冥福をお祈りいたします。

川島 正行(かわしま まさゆき)
 1947年9月27日生まれ
【騎手時代】
 初騎乗:1964年10月7日
 初勝利:1964年12月20日
 地方競馬通算成績:
      6668戦768勝
 1987年騎手引退
【調教師時代】
 初出走:1990年7月25日
 初勝利:1990年7月26日
 地方競馬通算:
      4839戦1276勝
 中央通算:43戦0勝
 海外通算:1戦0勝
 重賞通算139勝
 GⅠ及びJpnⅠ13勝、東京ダービー5勝(97年、98年、04年、05年、11年)など
※格付けは当時・成績は9月6日終了時点

| テシオ情報局 スペシャル | 17:50 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

=データ分析= 第22回 青藍賞

今回のテシオ特集は過去5回の青藍賞のうち、水沢で開催された4回(09年、10年、12年、13年)の結果を基にしたデータ分析。すべて1600mで行われている。
 なお、優勝馬には10月13日に盛岡競馬場で開催される、第27回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)への優先出走権が与えられる。


☆ポイント1
覇者は3番人気以内

 1番人気………〈1021〉
 2番人気………〈1102〉
 3番人気………〈2101〉
 4番人気………〈0103〉
 5番人気………〈0103〉
 6番人気………〈0013〉
 7番人気………〈0004〉
 8番人気………〈0003〉
 9番人気………〈0012〉
 10番人気以下…〈0005〉

 単勝平均配当………540円
 馬単平均配当……4225円
 3連単平均配当24323円

▼過去4回で青藍賞を勝った馬は3番人気以内。連対は5番人気以内と馬複に関しては平穏な配当。

☆ポイント2
8歳以上は馬券の絡みなし

 3歳………〈1100〉
 4歳………〈2005〉
 5歳………〈1114〉
 6歳………〈01210〉
 7歳………〈0114〉
 8歳………〈0005〉
 9歳………〈0002〉
 10歳………〈0001〉

▼過去4回の優勝馬は3歳~5歳、その反対に8歳以上は馬券にすら絡んでいない。今年出走する8歳馬は有力馬が多いが、果たして?

▽今年出走の8歳以上の馬は
 ランドオウジ
 ドリームクラフト

☆ポイント3
すずらん賞上位馬

◇09年すずらん賞
  優勝 マヨノエンゼル
       青藍賞→→優勝
  2着 グッドストーン
       青藍賞→→3着
◇10年すずらん賞
  優勝 ゴールドマイン
       青藍賞→→3着
◇12年すずらん賞
  優勝 スーパーヴィグラス
       青藍賞→→競走除外
  2着 トーホクキング
       青藍賞→→3着
  3着 カミノヌヴォー
       青藍賞→→優勝
◇13年すずらん賞
  優勝 コスモフィナンシェ
       青藍賞→→8着

▼すずらん賞を経て、青藍賞に挑んだ過去の結果。昨年のコスモフィナンシェ以外、好結果を残しているのがすずらん賞上位馬。

▽今年のすずらん賞上位馬は
 優勝 ランドオウジ
 2着 コミュニティ

☆ポイント4
岩鷲賞優勝馬

◇09年岩鷲賞優勝
   ダンストンリアル
     青藍賞→→7着
◇10年岩鷲賞優勝
   ゴールドマイン
     青藍賞→→3着
◇12年岩鷲賞優勝
   スーパーヴィグラス
     青藍賞→→競走除外
◇13年岩鷲賞優勝
   ドリームクラフト
     青藍賞→→2着

▼同年の岩鷲賞優勝馬の青藍賞での結果。優勝には届かないものの、馬券に絡む走りはみせている。

▽今年の岩鷲賞優勝は
 マイネルバルビゾン

☆ポイント5
近2年の覇者

 12年優勝カミノヌヴォー
 13年優勝ロッソコルサ

▼近2年の青藍賞覇者は、前年度の年度代表馬。2頭ともにその年の初勝利が青藍賞となっているのも共通している。

▽昨年の年度代表馬は
 ドリームクラフト

◎データからの結論
 ポイント2とポイント3、5では相反するデータ。今回は年齢よりも、ここまでの道程を重視することにした。
 年度代表馬の復活の舞台となっているならドリームクラフトが本命。ポイント3からランドオウジ、コミュニティ。
ポイント4からマイネルバルビゾン。

データ分析/佐藤公亮

| テシオ情報局 スペシャル | 16:36 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

=データ分析=  第32回 ビギナーズカップ

今回のテシオ特集は第32回ビギナーズカップのデータ分析。分析の基としたのは、過去5年で水沢ダート1400mで争われた09年10年、12年13年の4回の結果。
 なお、このレースの1着~3着馬には、10月20日盛岡競馬場で行われる第34回若駒賞の優先出走権が与えられる。

☆ポイント1
水沢では1番人気を信頼

 1番人気………〈1300〉
 2番人気………〈1120〉
 3番人気………〈1003〉
 4番人気………〈0013〉
 5番人気………〈0004〉
 6番人気………〈0013〉
 7番人気以下…〈10018〉

 単勝平均配当………2045円
 馬単平均配当………8073円
 3連単平均配当…34468円

▼水沢開催で荒れたのは、12年10番人気で逃げ切ったワタリルーブル。この時の配当が平均を押し上げている。    それ以外は平穏な配当で、2着には1番人気か2番人気が入線。1番人気は1勝のみだが、連対は外していない。
☆ポイント2
前走1着の勢い
○09年ビギナーズC
   優勝ベルデンアイン
○10年ビギナーズC
   2着スニーク
   3着トーホクスピリット
○11年ビギナーズC
   優勝ワタリルーブル
   2着ヴェルシュナイダー
○12年ビギナーズC
   2着シグラップロード

▼前走1着馬は過去4回で11頭出走して6頭が馬券対象。この6頭に共通するのが前走ダート戦。
 そして、ダート認定戦に限れば、3頭中3頭が連対。

▽前走ダート戦1着は
 オールドラヴ
 トーホクフェアリー

☆ポイント3
過去の連対馬の共通項

○09年優勝ベルデンアイン
     →盛ダ1着
     2着サンデーゴールド
     →盛ダ1勝、水沢1勝
○10年優勝リュウノフラッシュ
     →盛ダ1勝
     2着スニーク
     →盛ダ1勝、水沢1勝
○12年優勝ワタリルーブル
     →水沢1勝
     2着ヴェルシュナオダー
     →盛ダ1勝、水沢1勝
○13年優勝ラブバレット
     →盛ダ1勝、水沢1勝
     2着シグラップロード
     →水沢2勝

▼過去4回の連対馬8頭すべてが、ダート戦で1勝以上を挙げている。

▽ダート戦1勝以上は
 オールドラヴ
 ラブディーバ
 ランデックハナコ
 フロミートゥユー
 トーホクフェアリー

☆ポイント4
芝1勝以上の実績では…

○10年3着トーホクスピリット
     →芝千1勝
○12年3着ハカタドンタク
     →芝千2勝、若鮎賞2着

▼ビギナーズC参戦時点で、芝レース1勝以上、ダート戦未勝利または未経験の馬は3着まで。

▽芝1勝以上、ダート実績のない馬
 コウギョウポケット
 コウギョウタイム

☆ポイント5
未勝利馬

○09年3着セイントネイティブ
   →5戦0勝・若鮎賞3着

▼セイントネイティブは、未勝利でもダート・芝の経験があってもの。芝レースの経験しかない未勝利馬の活躍は難しい。

▽ダート戦未経験の未勝利馬
 ランデックナイト
 コンクエストオール

☆ポイント6
休み明け

○09年8着リュウノボーイ

▼のちの重賞勝ち馬も2歳時では休み明けを克服できず。

▽休み明けの馬は
 ランデックハナコ
 ランデックナイト

◎データからの結論
 オールドラブが最有力。トーホクフェアリー、フロムミートゥユー、ラブディーバ争覇圏。

データ分析/佐藤公亮

| テシオ情報局 スペシャル | 17:07 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競馬ウィークリートピックス (2014年8月28日~9月3日)

岩手競馬ではグランダム・ジャパン2014古馬シーズン第6戦、ビューチフル・ドリーマーCが行われ、船橋所属のアスカリーブルが優勝。古馬シーズンの順位で首位に立った。

 中央競馬では、新潟2歳Sが行われ勝ち馬ミュゼスルタンが2歳コースレコードで重賞制覇を果たした。

 地方競馬では、金沢競馬場で新設の3歳牝馬重賞の加賀友禅賞が行われ、4番人気のエトワールドロゼが逃げ切り、重賞初制覇を果たした。


岩 手 競 馬

◆8月28日(木)
▽岩手県調騎会騎手部会が、地域や子どもたちとのふれあいを目的に『岩手競馬ジョッキープレゼンツ・ちびっこふれあいポニー乗馬』を実施した。
 今回は、陶文峰騎手、菅原辰徳騎手、千田洋騎手(大井競馬所属)、鈴木麻優騎手の4名が、奥州市内にある奥州市立いずみ保育園を訪問。ポニー乗馬などで、園児と一緒に楽しい時間を過ごした。
 なお、『岩手競馬ジョッキープレゼンツ・ちびっこふれあいポニー乗馬』は、今後も、岩手県調騎会騎手部会が継続して行っていく予定。

◆8月30日(土)
▽第10Rは新涼特別(A級二組、ダ1600m)。好スタートからハナを切ったのはダイワマックワン。2番手に転入馬ヒシラストガイ、その直後内ラチ沿いをトーホクキングでレースが進む。勝負どころで手応えに余裕のあったトーホクキング(大坪慎騎手、桜田三厩舎)が直線に入るとダイワマックワンの外に持ち出し追い比べに持ち込み、クビ差で勝利した。トーホクキングにとっては12年6月24日一條記念みちのく大賞典を制して以来の勝利となった。

◆8月31日(日)
▽第10Rは田瀬湖賞(C1級、ダ1600m)。好枠を活かしてバクソクトレインがHペースで逃げるも、キタノスマイル、レッツライドもそれを追走。残り1000m地点では最後方ネオシャンパーニュまで12~13馬身の縦長の展開。残り200mとなってもバクソクトレイン(高橋悠騎手、千葉次厩舎)の脚は衰えず、後続を引き離し2馬身半差つけ余裕のゴール。その2着争いは大外を伸びたネオシャンパーニュが、マイネアイーダとの追い比べで先着した。

◆9月1日(月)
▽第9Rに第40回ビューチフル・ドリーマーCが行われた。アスカリーブル(吉原寛騎手、船橋・出川克厩舎)が逃げて主導権を握り、2番手追走は笠松タッチデュール。3コーナで2頭が並ぶも、4コーナーではアスカリーブルが単独先頭に立ってそのまま押し切り、昨年2着の雪辱を果たした。
※詳しいレース回顧は9月8日付のテシオ特集をご覧下さい。

▽第11Rはスプリント特別(OP、ダ1400m)。マイネヴァイザーが快速で飛ばし単騎逃げ。3馬身後方にライトマッスルとコスモフィナンシェが追走し、5番手外にドリームクラフト。最後の直線に入るとライトマッスルとドリームクラフトの一騎
打ちとなり、クビ差制したのはライトマッスル(関本淳騎手、熊谷昇厩舎)。今季初勝利は、昨年10月26日OROターフスプリント以来の勝利となった。

▽本年11月29日および30日にJRA東京競馬場で実施される第28回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)への出場1枠を賭けた地方トップジョッキーの戦いが「スーパージョッキーズトライアル(SJT)2014」。その第1ステージに
村上忍騎手の参戦が決定した。
 SJT第1ステージは10月6日(月)に盛岡競馬場で行われる。
 村上忍騎手「岩手競馬の騎手全員がSJT出場を目標にしているので、このレースに参加できることを誇りに思います」

J  R  A

◆8月31日(日)
▽新潟競馬場で新潟2歳S(GⅢ、芝1600m)が行われ、中団後方でレースを進めた3番人気ミュゼスルタン(柴田善騎手、美浦・大江原哲厩舎)が、横に広がった馬群の中から抜け出し、1番人気アヴニールマルシェと並んでゴール。写真判定の末に優勝した。勝ち時計1分33秒4(良)は2歳コースレコード。

▽札幌競馬場でキーンランドC(GⅢ、芝1200m)が行われ、3番人気ローブティサージュ(三浦皇騎手、栗東・須貝尚厩舎)が、マジンプロスパー、外レッドオーヴァルとの接戦を制し優勝。勝ち時計は1分9秒0(良)。
 勝ったローブティサージュは、12年の阪神ジュベナイルFを制したあと、勝ち星を挙げられないでいたが、今年に入って短距離で好走するようになり、ここで久々の重賞制覇を果たした。

◆9月2日(火)
▽新潟2歳Sを制したミュゼスルタンが競走中に左前脚の遠位端(左橈側手根骨)を骨折していたことが、同馬を管理する大江原哲調教師から発表された。症状としては軽度で、来春復帰の見込み。今後は美浦トレセン内の診療所で骨片を除去する手術を行い、社台ファームに放牧に出される予定となっている。

地 方 競 馬

◆8月31日(日)
▽金沢競馬場で第1回加賀友禅賞(3歳牝、ダ1300m)が行われ、差のない先頭でレースを進めたエトワールドロゼ(田知弘騎手、金沢・金田一昌厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着セイウンアネゴに3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分23秒6(良)。

| テシオ情報局 スペシャル | 09:57 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。