2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝!1500勝。阿部英俊騎手インタビュー

abehidetoshi.jpg

 4月24日(日)、第7Rでゼンノブショウに騎乗した阿部英俊騎手が1番人気に応えて完勝。地方競馬通算1500勝を達成した。
阿部英俊騎手は1992年10月デビュー。翌年4月、ダートボーイで初勝利を飾り、94年に初重賞制覇(岩鷲賞=ダイサンヒコー)。また99年にはサカモトデュラブで東京盃(GⅡ)を逃げ切り、グレードジョッキーの仲間入りを果たした。なお岩手競馬の現役騎手では阿部英俊騎手、ただ一人。
これまでセイントリーフで日高賞(当時)、ひまわり賞、オパールカップ。カミノヌヴォーで不来方賞、ダービーグランプリ、桐花賞。コウギョウデジタルで不来方賞、ひまわり賞など数々の重賞を制してきたが、2013年11月、落馬により大ケガを負い、長期療養。
昨年の特別開催で476日ぶりに復帰し、いきなり初戦で1着。2戦目も勝ち、復帰2連勝を飾った。
阿部英俊騎手に話を聞いた。

―1500勝達成おめでとうございます。前のレース(クドースに騎乗)で王手をかけて、連勝で記録達成。見事でした

「前のレースを勝ったのが大きかったと思います。大外枠でしたが、うまく内に入れることができた。あの日は外を回った馬は苦しんでいましたので、最初から内を狙ったら勝ってくれた。いいムードで次のレースを迎えることができました」

―もちろん記録は分かっていましたよね

「ええ。読みどおりの展開になりましたし、着差もついていたのでガッツポーズしようかなとも思いましたが、次の目標があるので自粛しました(笑)」

―改めて1500勝への道のりを振り返ってください

「初勝利をあげるまで苦労しました。毎回怒られてばっかり。自分に騎手は向いていないと思って、冬にやめようと考えたこともありました。ですから初勝利をあげたときは本当にうれしかった。
 その後は順調に100勝、500勝、1000勝と達成できましたし、全国にも結構行かせてもらいました。当時の岩手競馬は遠征も盛んでしたからね。今の若手ジョッキーたちはなかなかチャンスが巡ってこない。またあの時代が来てほしいなと思います」

―3年前の11月、落馬のアクシデントで大ケガをした…

「1500勝も見えてきましたが、一方で年を取っていくと騎乗するのが怖くなっていく。その矢先の落馬でした。体だけではなく精神的にも参っていた時期が長かったし、担当医に次は保証できないと言われ、復帰をあきらめたこともありました」

―それらを乗り越えて473日ぶりに復帰。いきなり2連勝を飾りました

「もう1回乗りたい。自分にはこの仕事しかない。今度落ちたらどうなってもいい。そんな想いが日増しに強くなっていった。やめないでよかったと思いました」

―改めてお聞きしますが、思い出の馬は?東京盃を逃げ切ったサカモトデュラブは鮮烈でした

「巡り合わせがよかっただけです。騎手は技術も必要ですが、運も大きいと思います。人気がなく、リラックスして臨めたのもよかったんでしょうね。カミノヌヴォーに出会ったのも思い出です。震災の年で競馬がどうなるか分からなかった中、不来方賞からダービーグランプリ、桐花賞まで勝ってくれた。自分自身も元気をもらいました」

―阿部騎手は今年で24年目。旧盛岡競馬場で騎乗した数少ない現役騎手です

「南郷騎手、村上忍騎手ぐらいでしょう。この間、存廃問題、震災などいろんなことがありましたね」

―後輩騎手に教えたいことは

「ゲートをしっかり出ることですね。後手を踏むと思った競馬ができないですからね。昔、園田時代の小牧太騎手(現JRA)が“すごい新人が出た”と思ったのが岩田康誠騎手。とにかくゲートセンスがすばらしかったそうです」

―最後に阿部騎手自身の目標をお願いします

「まずはケガをしないこと。これが第一です。あとは前の年の勝利数を超えること。デビューした頃も同じ目標でした。原点に返ろうと思っています」



スポンサーサイト

| テシオ情報局 スペシャル | 17:56 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次走へのメモ・注目馬あれこれ

4月21日、岩手競馬の名伯楽、櫻田浩三調教師がお亡くなりになられた。

42年間の調教師生活で数々の強豪を育てた。全日本アラブ争覇を制し、2歳チャンピオンとなったタービュレンス。ジャパンダートダービーで3着に健闘したオウシュウクラウン。エーデルワイス賞を制したパラダイスフラワー。ケンタッキーダービー馬ウイニングカラーズを近親に持ち、岩手の華麗なる一族の基を築き上げたアプローズフラワー。そして昨年度の最優秀牝馬に選ばれたサプライズハッピーなど活躍馬は枚挙にいとまがない。

享年75歳。つつしんでお悔やみを申し上げます。

今回は私的メモを特集とさせていただきます。
赤松杯を6馬身差で圧勝したナムラタイタンは5月8日(日)、交流・シアンモア記念へ向かう。今年10歳を迎え、年齢的な衰えがないか―が心配だったが、軽く一蹴した。
あえてシアンモア記念の不安点を捜せば盛岡遠征。昨年、年度初の盛岡遠征となった南部杯で珍しく入れ込んで結果13着。2度目の絆カップは大丈夫だったが、久々の盛岡でレース前にスイッチが入ってしまわないかだけ。当日のパドックに注意を払いたい。

ラブバレットは5月3日(祝火)、JpnⅢ・かきつばた記念(名古屋1400m)を予定している。赤松杯でナムラタイタンに真っ向勝負で挑んだが、6馬身差2着。完敗を喫した。
ただ、コースを問わず1600mは気持ち長い。得意の1400mなら持ち前の先行力と粘りが活かせるはず。またベストの左回り1400mで行われる浦和・さきたま杯につながるレースも期待したい。

噂のダノンレジェンドは4月10日、瀬戸幸一きゅう舎へ入厩。順調に攻め馬を消化している。
「2回盛岡(オープンは5月21日~23日)から始動予定。かきつばた賞(6月18日)、せきれい賞(7月31日)を視界に入れながらダート適性も試してみたい」とのこと。440キロ前後の小柄な牡馬だが、父がダイワメジャーならこなせる素地はあるはず。攻め馬で騎乗する菅原辰徳騎手「バネが違います」。岩手初戦が待ち遠しい。

昨年9月、中央2戦0勝から転入したモズフウジン(父・サウスヴィグラス)は圧勝に次ぐ圧勝で7連勝でシーズンを終了。盛岡ダート1200m1分12秒3など、すでにオープン通用のタイムだった。
今季始動は4月17日。プラス16キロ、冬毛も結構残っていて仕上がり7分の印象だったが、4馬身差で圧勝。初のマイル、C2からB2へジャンプアップもまったく問題にしなかった。連勝をどこまで伸ばすか。追いかけて損はない。

24日、「留守杯日高賞」(3歳牝馬)。大井・オウカランブの見送りは残念だったが、トライアル・あやめ賞を4馬身差で圧勝したディックカントウは予定どおり出走する。
あやめ賞は金杯以来、3ヵ月ぶりの実戦でプラス21キロ。大幅に体重が増えていたが、太目感なし。砂をかぶってもひるまず、心身ともにたくましく成長した。このケースで出世する競走馬を数多く見てきた。父・クロフネ、母父・アフリートの血統背景も魅力だ。熱い視線を送りたい。

| テシオ情報局 スペシャル | 18:00 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新人2騎手が16日デビュー。鈴木祐騎手、木村直輝騎手インタビュー

 4月16日(土)、新人ジョッキー2名がデビューする。櫻田康二きゅう舎所属・鈴木祐騎手、関本浩司きゅう舎所属・木村直輝騎手。
鈴木祐騎手は第1R・ミエノコマンダー、第8R・ピンクサンダーの2頭。木村直輝騎手は第6R・コスモマスタング、メイン10R・エイプリルラヴの2頭。両騎手に話を聞いた。

IMG_1042.jpg



―鈴木祐騎手の出身地、騎手を目指したきっかけを教えてください

「茨城県です。小学校のとき、競馬中継を観てジョッキーにあこがれました。蛯名正義騎手でした。それで中学校から乗馬スクールに通い、高校では水戸農業の馬術部に入部。インターハイで準優勝しました」

―勝負服は胴青・袖青・胴白元ろく・袖白一本輪。青は櫻田一門のカラーですよね

「はい。元々青色が好きでしたし、きゅう舎カラーも青でしたからラッキーでした」

―盛岡競馬場に住んでいるんですか。山の上ですからいろいろと大変だと思います

「自動車免許がないので移動手段は自転車です。正直、不便なところですが、競馬場がすばらしい。競馬に打ち込めるのでかえっていい環境かも知れません」

―自転車で競馬場を上り下りしているんですか。しんどくないですか

「降りるときはひと漕ぎ(笑)。上りも20分あれば競馬場まで行けます。足腰が鍛えられるので、いい運動になると思っています」

―今年の目標を教えてください

「昨年デビューした小林(凌)さんの32勝を超えたい。50勝を目指しています」

―岩手競馬ファンにメッセージをお願いします

「迫力あるレースを心がけてファンに喜んでもらいたいと思っています。大胆な追い込みを決めますので、応援よろしくお願いします」


―木村直輝騎手、出身地と騎手になったきっかけを教えてください

「千葉県出身です。中学校のとき、母親が船橋競馬場へ連れていってくれたのがきっかけです。それから競馬に興味を持つようになりました」

―岩手競馬を選んだ理由は

「盛岡には芝もあって乗れるのが楽しみです。初めて岩手に来たとき、寒いなぁと思いましたが、人はとてと暖かい」

―勝負服は胴赤・袖赤・青山形一文字です

「自分で考えました。赤は『闘志』。青は『冷静に騎乗できるように』の意味を込めて選びました。山形は岩手競馬所属ジョッキーではいなかったので決めました」

―鈴木祐騎手とはどんな関係ですか

「ライバルであり、お互い励まし合う関係です。勝負では負けたくないと思っています」

―あこがれの騎手と目標をお願いします

「森泰斗騎手です。まずは30勝。レースを作れる騎手になりたいと思っています」

―最後にメッセージを

「デビュー戦が控えているので緊張しています。皆さんに認められるような騎手を目指したい。そのためにも早く初勝利をあげたいとおもっています」

| テシオ情報局 スペシャル | 16:08 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤松杯に出走。ナムラタイタン=村上昌幸調教師、ラブバレット=菅原勲調教師インタビュー

4月9日(日)、水沢1600mを舞台に今シーズン第一弾の古馬重賞「第41回赤松杯」が行われる。
この赤松杯は全国交流・シアンモア記念トライアル。帝王ナムラタイタンが連覇を狙って始動する。
しかし昨年より包囲網は一段と強力。過去最高メンバーの赤松杯と言っても過言ではない。
ダートグレードで活躍するラブバレット、桐花賞2連覇はならなかったが、№2を堅持コミュニティ、昨年のシアンモア記念を逃げ切ったライズラインと役者が勢ぞろい。非常に豪華な顔ぶれとなった。
そこで今回のテシオ特集ではナムラタイタンを管理する村上昌幸調教師、ラブバレットを管理する菅原勲調教師に話を聞いた。

ナムラタイタン=村上昌幸調教師

―2年連続で年度代表馬に選ばれました。おめでとうございます

「年度代表馬は翌年、苦戦する―のジンクスがあってプレッシャーを感じましたが、南部杯以外はすべて勝ってくれた。改めて強い馬だと思いました」

―今年も赤松杯から始動ですね。状態はどんな感じですか

「1週前、そして今週と追い切りを2本消化して態勢は整いました。最終追い切りでは半マイル(4ハロン)49秒台をマークしましたから、満足のいく状態で臨めます」

―昨年で例えると…

「桐花賞と同じような動きでした。年齢は一つ増えましたが、衰えはなさそうです」

―桐花賞は完勝でした。つまり相当いい状態だということですね

「トライアルですが、岩手の一線級がそろいましたよね。中間に雨が降りましたが、赤松杯当日には馬場も乾いてくると思います。元々、馬場状態に左右されない馬ですから天候は気にしていません。ナムラタイタンの強さはどこからでも競馬ができること。昨年は赤松杯優勝後、脚部不安が発生しましたが、今年は順調に使ってシアンモア記念を目指したいですね」

―当日の馬体重はどのぐらいを想定していますか

「530キロを切るぐらいかな。桐花賞に近い状態で送り出せると踏んでいます」


ラブバレット=菅原勲調教師

―黒船賞を振り返って、どんな感想をお持ちですか

「当日の高知は内の砂が深かった。3枠を引きましたからね。あの形になると逃げるしかなかった。ダノンレジェンドのマークもきつく、早めに交わされてしまったので7着も仕方なしだと思っています。それに輸送に17時間半かかりました。笠松遠征ではさほど影響がなかったが、さすがにこたえたようです」

―当初、東京スプリントの予定もありました

「状態が良ければ挑戦しようと考えていましたが、遠征疲れが残っていたので無理をさせませんでした。結果、順調に回復。いい状態で赤松杯を迎えることができます」

―ナムラタイタンとは3度目の対決となります

「追い切りを見ましたが、すごい迫力でした。舞台もマイル。ラブバレットのベストは1400mぐらいと思いますから気持ち長いけど、水沢コースなら克服してくれるはずです」

―役者がそろいました

「いいメンバーですよね。今回の状態でナムラタイタンなどを相手にどんなレースをしてくれるか楽しみです」

| テシオ情報局 スペシャル | 14:06 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国・ソウル競馬場で騎乗した高橋悠里騎手インタビュー 

新シーズンの開幕に合わせて韓国・ソウル競馬場で騎乗していた高橋悠里騎手(鈴木七郎きゅう舎=水沢)が、岩手競馬に復帰する。冬場を活用した短期騎乗は多かったが、長期騎乗は初めてのケース。しかも海外騎乗だから、なおさら価値がある。高橋悠里騎手に話を聞いた。

07 高橋悠里5_R


―韓国から帰国。お疲れさまでした。ソウル競馬の成績を教えてください

高橋悠里騎手(以下:省略)「7月18日から騎乗を開始して3月第3週まで。約8ヵ月で399戦26勝2着39回でした。数字的には満足していませんが、何もかもすべて初めてのこと。昔、マカオの招待レースで騎乗したことがありましたが、本格的に乗った経験はなかった。最初は戸惑うことばかりでした」

―確か初勝利まで1ヵ月ぐらいかかりました

「レースの流れが違いましたし、直線も思った以上に長い(450m)。盛岡の感じで乗ったらゴールで交わされたこともありました。逆に初勝利が大外一気。慣れるまで時間がかかりましたが、これでやれる感触をつかみました」

―高橋悠里騎手の勝負服は胴白・青たすき・袖桃。韓国も騎手服が基本ですが、なぜ黄色一色になったんですか

「出発する前、韓国ではたすきが認められていないことを知ったんです。それで青に大きな星一つのデザインを考えましたが、新しい騎手服を作って申請しても時間がかかりますし、一日でも早く騎乗したかった。じゃあどうしよう、と。目立つのは一色。黄色も好きだったので、同期の町田直希騎手(川崎所属)に連絡して許可を得て3枚ほど送ってもらった(笑)。本当に助かりました。実際、着てみたら違和感がまったくなかったし、真っ黄色はすごく格好良かった。自分で言うのもなんですが、似合っていたと思いますよ(笑)」

―8ヵ月間、韓国で生活してどうでしたか

「長いようで短かった。過ぎてしまえばアッという間でしたね。通訳さんもいましたから韓国の言葉をほとんど覚えなかったが、何とかなりました。辛い食べ物は元々、好きでしたからね。1ヵ月ぐらいしてさすがに飽きた時期もありましたが、帰国後、なにか物足りなくてキムチの素を入れて食べています(笑)。体が辛いものを欲するようになっているんでしょうね」

―海外に行くとハンデ戦が非常に多い。高橋悠里騎手も52キロで騎乗していました。減量はきつくなかったですか

「韓国で52キロを乗れるか乗れないかで大きく違ってくる。52キロだと騎乗チャンスが一気に増えるので、週末に向けて絶食しました。サウナもぬるいので結構苦労しましたが、実際、勝ち鞍の3分の1は52キロの馬でしたからね」

―韓国は通年開催。冬場の競馬は岩手で多く経験しているとは言っても大変だったのでは…

「雪は少なかったけど大陸気候なので、空気が乾燥している。ですからマイナス10度でも体感はマイナス30度。死ぬかと思いました(笑)。普段の生活でも日本なら手袋をしたことがありませんでしたが、初めて手袋を買いました。1月末が一番、寒さが厳しかったと思います」

―久々の岩手競馬です

「3月中旬まで騎乗していましたから実戦感覚はあると思います。調教にも乗っているので不安はありません。むしろ、どんな競馬ができるか楽しみ。キムチで培ったパワーを生かして開幕から暴れたい。キムチパワー、頑張ります(笑)」

| テシオ情報局 スペシャル | 16:19 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。