PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

=データ分析= 第41回 ビューチフルドリーマーC

今回のテシオ特集は、牝馬伝統の一戦「第41回ビューチフルドリーマーC」のデータ分析。分析の基としたのは、グランダム・ジャパン古馬シーズンに組み込まれた11年以降、水沢競馬場で行われた12年~14年の3回の結果。距離は3戦すべて1900mで開催されている。

☆ポイント1
1番人気は完全連対

 1番人気………〈1200〉
 2番人気………〈1101〉
 3番人気………〈0021〉
 4番人気………〈0003〉
 5番人気………〈0003〉
 6番人気………〈1002〉
 7番人気………〈0003〉
 8番人気………〈0004〉
 9番人気以下…〈0006〉

 単勝平均配当………516円
 馬単平均配当……1426円
 3連単平均配当…1200円

▼ここ3年1番人気は完全連対。6番人気で勝利したのは13年北海道代表シャイニングサヤカ。馬券を構成した9頭中8頭が3番人気以内という傾向も忘れずに。

☆ポイント2
女王は5歳&6歳
 3歳………〈000〉
 4歳………〈011〉
 5歳………〈121〉
 6歳………〈201〉
 7歳以上…〈000〉
※馬券の対象となる3着以内を集計

▼3歳馬の参戦は毎年あるが、それはすべて岩手所属馬。最高位は12年のミキノウインクの5着。4歳の2着は13年水沢初参戦のアスカリーブル。この経験を活かして翌年優勝。

☆ポイント3
押され気味の岩手勢

 岩 手〈001〉
 北海道〈211〉
 南関東〈111〉
 他地区〈010〉

▼北海道勢の活躍にストップをかけたのが、昨年の南関東所属アスカリーブル。岩手勢3着はポイント5で分析する。

☆ポイント4
ノースクイーンC出走

♡12年BドリーマーC
 優勝サクラサクラサクラ
    →ノースクイーンC2着
 2着ショウリダバンザイ
    →ノースクイーンC優勝
♡13年BドリーマーC
 優勝シャイニングサヤカ
    →ノースクイーンC3着
 3着ショウリダバンザイ
    →ノースクイーンC2着
 4着クラキンコ
    →ノースクイーンC優勝

♡14年BドリーマーC
 6着ココロバ
    →ノースクイーンC優勝
 8着プリュムローズ
    →ノースクイーンC3着

▼北海道勢の活躍はノースクイーンC出走組となっている。データとして昨年は崩れてしまったが、それ以前はBドリーマーCとは非常に相性の良いレースだった。

▽今年ノースクイーンC出走は…
 サンバビーン
 ジュエルクイーン

☆ポイント5
岩 手 の 希 望
♡14年BドリーマーC
 3着マムティ
  →A級特別   2着
  →フェアリーC 3着
  →すずらん賞  4着

▼馬券に絡んだ岩手所属のマムティの過去3走成績。重賞特別で好走。

▽今年の岩手所属では…
 ヴァイキング
  →ウイナーC  2着
  →フェアリーC 2着
  →ひまわり賞  2着


◎データからの結論
 北海道勢を上位にとり、◎サンバビーン、○ジュエルクイーン。▲は充実期を迎えたアスカリーブル。△の序列はタッチデュール、リュウグウノツカイ、ヴァイキングとなった。

データ分析/佐藤公亮

| テシオ情報局 スペシャル | 18:37 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1027-6f2a2519

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。