PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競馬ウィークリートピックス(2015年8月27日~9月3日)

岩手競馬は連日A級のレースが行われ、その中でも59㎏を背負ったコミュニティが出走した初秋特別に注目が集まった。翌月曜日には、グランダム・ジャパン2015古馬シーズン第41回ビューチフルドリーマーカップが行われ、北海道サンバビーンが逃げ切り勝ちを収めた。

 JRAでは新潟2歳Sで、岩手で活躍したマツリダワルツの仔ロードクエスト(父マツリダゴッホ)が、驚異の末脚で17頭をごぼう抜き。2連勝で重賞ウイナーとなった。

 地方競馬では、金沢競馬所属の藤田弘治騎手が、札幌競馬場で行われた「2015ワールドオールスタージョッキーズ」で、総合4位となる活躍をみせてくれた。


岩 手 競 馬

◆8月29日(土)
▽第10Rは新涼特別(A級二組、水沢1600m)。先手を奪ったのはシャーク。直後の外にグッドギアーがつけて、それらを見る3番手外にブラゾーハリー(山本聡哉騎手、佐藤敏彦きゅう舎)。勝負どころでシャークが後退、それと同時に4角内グッドギアー、中ブラゾーハリーで直線を向く。脚色の鈍るグッドギアーに対し、ブラゾーハリーは余力十分で抜け出し、6馬身差をつけ圧勝。勝ち時計は1分42秒2(不)。

◆8月30日(日)
▽第10Rは田瀬湖賞(C1級、水沢1600m)。サクラハナフブキ、グラスシューターの同きゅう舎2頭でレースの流れを作る。勝負どころで、イン追走から外に持ち出したデサフィナード(山本政聡騎手、小林俊彦きゅう舎)が先頭2頭を、外から並ぶ間もなく差し切り、2着グラスシューターに1馬身半差をつけて快勝。勝ち時計は1分42秒9(不)。

▽第11Rは初秋特別(A級一組、水沢1800m)。モズが先手を奪うものの、ヴェリイブライトがつかず離れずの2番手で追走。バックストレッチでモズの手応えが怪しくなると、残り600mからヴェリイブライト、その外コミュニティ(山本政聡騎手、桜田浩三きゅう舎)の一騎打ち。直線に入るとコミュニティが抜け出すも、内で粘りを見せるヴェリイブライト。最後は59㎏を背負ったコミュニティが1馬身差をつけて勝利した。勝ち時計1分56秒9(不)。

◆8月31日(月)
▽第10Rは重賞第41回ビューチフルドリーマーカップ(OP牝馬、地方全国交流、水沢1900m)。北海道サンバビーン(岩橋勇二騎手、田中淳司きゅう舎)が逃げを打ち、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の北海道ジュエルクイーンに3馬身差をつけ優勝。勝ち時計は2分2秒4(不)。地元最先着は3着のスパンコール。前回覇者の川崎アスカリーブルは7着に終わった。
※詳しいレース回顧は、9月7日(月)に掲載予定のテシオ特集をご覧下さい。

▽第11Rはスプリント特別(OP、水沢1400m)。先手を奪ったのはマイネヴァイザーだが、勝負どころで一気に失速。その内を突いて脚を伸ばしたのはジャーグラッド(吉原寛人騎手、三野宮通きゅう舎)。コースロスの少ない競馬で、外から追い上げたエーシンシャラクを0秒1差に押さえこみ、転入初戦を快勝した。勝ち時計は1分27秒7(不)。


J  R  A

◆8月30日(日)
▽札幌競馬場で「2015ワールドオールスタージョッキーズ」の後半2レースが行われた。
 初日の第1戦2着、第2戦1着に続き、第3戦1着、第4戦11着としたジョアン・モレイラ騎手(香港)が合計56ポイントを獲得して優勝を果たした。2位は50ポイントで武豊騎手(栗東)、3位は30ポイントで戸崎圭太騎手(美浦)となった。
 また、出場騎手を「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム」と「JRA代表騎手チーム」に分けて行われたチーム対抗戦は、JRA選抜チームの勝利となった。
 
▽札幌競馬場でキーンランドC(3歳上・GⅢ・芝1200m)が行われ、道中を最後方で進め、勝負どころで一気に先団まで取りついたウキヨノカゼ(牝5、四位洋文騎手、菊沢隆徳厩舎)が直線で抜け出し、トーホウアマポーラに3/4馬身差をつけ優勝。勝ち時計1分8秒6(良)。

▽新潟競馬場で新潟2歳S(2歳・GⅢ・芝1600m)が行われ、最後方でレースを進めた1番人気のロードクエスト(牡2、田辺裕信騎手、美浦・小島茂之厩舎)が直線に入って内から楽々と抜け出し、2着ウインファビラスに4馬身差をつけ優勝。勝ち時計1分33秒8(稍)。
 勝ったロードクエストは、父マツリダゴッホ、母マツリダワルツ、その父チーフベアハートという血統。デビュー2連勝で重賞制覇となった。


地 方 競 馬

◆8月30日(日)
▽札幌競馬場で行われた「2015ワールドオールスタージョッキーズ」に地方競馬代表として参戦した金沢競馬所属の藤田弘治騎手は、第1戦1着、第2戦9着、第3戦7着、第4戦14着の成績で、29ポイントを獲得し4位だった。

| テシオ情報局 スペシャル | 09:36 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1028-3d874273

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。