PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

=データ分析=第3回 イーハトーブマイル & 競馬ウィークリトピックス(9月10日~9月16日)

今回のテシオ特集は、過去2回の結果を基にした、第3回イーハトーブマイルのデータ分析。
いずれも盛岡ダート1600m、古馬編入後初の3歳重賞として開催されている。
 

☆ポイント1
3歳重賞で3着以内

○13年イーハトーブマイル
  優勝 テンショウリバイヴ
      →ダイヤモンドC3着
  3着 ロックハンドパワー
      →スプリングC 優勝
○14年イーハトーブマイル
  2着 ユナイテッドボス
      →ウイナーC  3着
      →オパールC  3着
  3着 フラッシュモブ
      →ひまわり賞  優勝

▼荒れた過去2回のイーハートブマイル。6頭中4頭が3歳重賞で3着以内を経験していた。残り2頭は中央から転入馬。

▽データ該当馬は
 シークロム
 トーホクライデン
 ヴァイキング
 トーホクフェアリー
 オテロ
 クインオブザナイト

☆ポイント2
古馬B2級以上で3着以内

○13年イーハトーブマイル
  優勝 テンショウリバイヴ
      →B2級二組  優勝
  2着 コスモデスタン
      →B2級二組  3着
  3着 ロックハンドパワー
      →A級一組   4着
○14年イーハトーブマイル
  2着 ユナイテッドボス
      →B1級二組  3着
  3着 フラッシュモブ
      →ヴィーナスSP4着

▼古馬B2級以上で3着以内を経験するか、古馬トップクラスで入着を果たすか。いずれにせよ、古馬と好勝負を演じることがイーハトーブマイルでの活躍に繋がっている。

▽データ該当馬は
 シークロム
 マイネルサフィルス
 ピースワンポイント
 マックスキュア

◎データからの結論
 3歳重賞優勝、古馬B1で2着のシークロムが本命。ダイヤモンドC2着トーホクが○、3着オテロが▲。
ヴァイ、ピース、マイネルは△。

データ分析/佐藤公亮



競馬ウィークリトピックス
(9月10日~9月16日)

 岩手競馬では2つの重賞競走が行われた。牝馬重賞ヴィーナスSPは3歳馬グッドギアーが優勝。翌日の青藍賞はナムラタイタンが勝利して、南部杯へ弾みをつけた。
 JRAでは阪神競馬場でセントウルSが開催され、10番人気のアクティブミノルが優勝し、来月からスタートするGⅠ短距離路線で注目の一頭となった。
 地方競馬では10日名古屋競馬場で秋桜賞が行われ、船橋ケンブリッジナイスが優勝。しかしゴール後に吉原寛人騎手が落馬するアクシデントに見舞われた。

岩 手 競 馬

◆9月12日(土)
▽第3回ヴィーナススプリント(3歳上・牝・水沢1300m)は、1番人気グッドギアー(斎藤雄一騎手、岩手・桜田康二厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る3番人気ドナエテルニテをゴール前で捕らえ、クビ差をつけ優勝。勝ち時計は1分23秒1(重)。
 勝ったグッドギアーは、父スズカマンボ、母ワンモアフリート、その父アフリートという血統。重賞は今年のあやめ賞以来2勝目。

◆9月13日(日)
▽第23回青藍賞(3歳上・水沢1600m)が行われ、先手を取った1番人気ナムラタイタン(坂口裕一騎手、岩手・村上昌幸厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、2着2番人気コミュニティ2馬身半差をつけ優勝。勝ち時計は1分39秒9(不)。

※ヴィーナススプリント、青藍賞ともに詳しいレース回顧は9月21日のテシオ特集で掲載予定。

J  R  A

◆9月13日(日)
▽阪神競馬場でセントウルS(3歳上・GⅡ・芝1200m)が行われ、先手を取った10番人気アクティブミノル(藤岡康太騎手、栗東・北出成人きゅう舎)がゴールまで粘り切り、1番人気ウリウリをハナ差凌いで優勝。勝ち時計1分7秒8(良)。
 勝ったアクティブミノルは、父スタチューオブリバティ、母ピエナアマゾン、その父アグネスタキオンという血統。昨年の函館2歳S以来となる勝利と重賞制覇となった。

地 方 競 馬

◆9月10日(木)
▽名古屋競馬場で第9回秋桜賞(3歳上・牝・ダ1400m)が行われ、3番手でレースを進めた2番人気ケンブリッジナイス(吉原寛人騎手、船橋・新井清重きゅう舎)が、エトワールドロゼに1馬身半差をつけ優勝。勝ち時計は1分29秒1(重)。
 なお、ケンブリッジナイスが1位入線後に落馬、鞍上の吉原騎手が負傷したため、後検量を省略して確定している。
 ケンブリッジナイスは今回の勝利でグランダムジャパン古馬シーズン2015で15ポイントを獲得。暫定トップのサンバビーンを2ポイント上回る27ポイントで首位を奪取。残る一戦・レディースプレリュードまで優勝が持ち越された。
落馬した吉原寛人騎手は近隣の病院へ搬送。2か所の背骨圧迫骨折、鼻骨骨折と診断され入院加療中。

| テシオ情報局 スペシャル | 09:30 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1034-7f23e363

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。