PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

=レース回顧= 第35回 若 駒 賞

10月19日
第35回 若  駒  賞
(2歳、JRA認定、盛岡ダ1600m)

 未来優駿2015第一弾であり、岩手2歳クラシック一冠目。1着馬から3着馬に交流重賞・南部駒賞の優先出走権が与えられた。
 カントリーサイン、サプライズハッピーが出遅れ。オコルミラクルが先手を主張し、2番手ボーンインタイム、3番手外にスクリーンハッピー、その外にサプライズハッピーがつける。5番手インにチャイヨー、外サプライズハッピー。以下、リュウノラヴ、カントリーサイン、オフザウォール、ウマノジョー。
 ハロンラップは12秒6-11秒4-11秒8-12秒6-13秒3-13秒6-12秒7。
 3~4コーナー中間、逃げたオコルミラクルが一杯となり、替わってスクリーンハッピーが先頭。メジャーリーガーも2番手まで進出し、その後ろにサプライズハッピー。
 直線を向いてメジャーリーガーがスクリーンハッピーを捕え、外からサプライズハッピーが差を詰めにかかったが、メジャーリーガーがもうひと伸び。サプライズハッピーに1馬身差をつけてメジャーリーガーがゴールに入った。
 メジャーリーガーは父ブラックタイド、母ストロベリーフィル、母父サクラチトセオーの牡2歳馬。
 デビュー戦から3連勝をマーク。若鮎賞は初芝だったが、難なくこなしてサプライズハッピーの追撃を封して重賞制覇。テシオ杯ジュニアグランプリは惜しくも3着だったが、わずか0秒1差。そして今回の若駒賞へと駒を進めた。

◆ジョッキー談話◆
優勝・メジャーリーガー
 関本淳騎手
「ダートでの騎乗は今回が初めてでしたから、揉まれないように心がけました。外から1頭がきた時、一瞬だけ掛かったが、すぐに落ち着いてくれた。
 前にいる馬たちは捕まえられる確信があったので、後ろの動きを見ながらスパートをかけたらいい反応をしてくれた。
 先頭に立った後、今回も遊んでいましたからまだ余裕がある。乗るたびに強くなっているので、今後も楽しみ。芝ダートどちらとも問題ありません」
2着・サプライズハッピー
 山本聡哉騎手
「ビギナーズカップを勝った時より脚は使っていたと思います。いい脚はあるが、今回は相手が強かった。出遅れましたが、今回は普段に比べても落ち着いていました」
3着・スクリーンハッピー
 阿部英俊騎手
「ゲートが速かったので抑えるよりは、と思って前につけました。直線一杯となったが、このメンバーで3着なら健闘したと思います」
4着・カントリーサイン
 菅原辰徳騎手
「位置取りは指示どおりです。道中の動きも良かったし、直線でもいい脚を使ってくれました」


ウィークリトピックス
(10月15日~10月21日)


岩手競馬トピックス

◆10月18日(日)
▽メイン10RはB2・もみじ賞(盛岡芝1000m)。福島芝1000m・2歳新馬戦を逃げ切ったハタノガイストが逃げ、後続を3馬身リード。2番手エイプリルラヴ、3番手外に1番人気ツキミチャン。
 スタートから12秒2︱10秒9︱11秒4︱11秒9︱12秒6。3コーナー手前から中団にいたユナイテッドボスが手をしごいて先陣に接近。中団外を追走したダイワスペシャルもスパートをかける。
 直線を向いて逃げるハタノガイストをツキミチャンが残り200mで交わして先頭。外からユナイテッドボス、さらに大外からダイワスペシャル、最内をついて伸びたエイプリルラヴの追撃を封じてツキミチャンが完勝。2着に0秒1差をつけてゴールした。
 ツキミチャンは昨年8月、中央0勝2着1回から転入。2着1回が最高だったが、今年本格化。水沢1400mで初勝利を飾った後、芝で5勝2着2回と大活躍。距離を問わず盛岡芝の申し子的存在となった。

◆10月17日(土)
▽第2RはC2級十二組(盛岡ダ1200m)。逃げを打ったタイセイグローリア(高松亮騎手、佐藤雅彦きゅう舎)が、そのまま逃げ切り。勝ち時計1分14秒9(良)。岩手転入2戦目で嬉しい初勝利を飾った。そして、同馬を管理する佐藤雅彦調教師にとっても、地方競馬通算600勝の節目の勝利となった。


地方競馬トピックス

◆10月18日(日)
▽11月3日(火)に大井競馬場で行われるJBCクラシックシ、スプリント、レディスクラシックの選定馬が発表された。

◆JBCクラシック
○JRA所属馬  〔出走枠:6頭〕
 栗東 クリソライト    音無秀
 栗東 コパノリッキー   村山明
 美浦 サウンドトゥルー  高木登
 栗東 ニホンピロアワーズ 大橋勇
 美浦 ノンコノユメ    加藤征
 栗東 ホッコータルマエ  西浦勝
          ※補欠馬3頭

○地方所属馬   〔出走枠:10頭〕
 大井 アウトジェネラル  藤田輝
 北海 オグリタイム    米川昇
 船橋 サミットストーン  矢野義
 浦和 トーセンアレス   小久智
 浦和 トーセンジャガー  小久智
 大井 ハッピースプリント 森下淳
 大井 フォーティファイド 渡辺和
 愛知 マヤノクレイド   川西毅
 大井 ユーロビート    渡辺和
 高知 リワードレブロン  雑賀正
          ※補欠馬10頭

| テシオ情報局 スペシャル | 17:17 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1046-9ddb51a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。