PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

=レース回顧= 第38回 北上川大賞典

12月6日
第38回 北上川大賞典
(OP、水沢2500m)

 舞台は何度か水沢、盛岡と移ったが、12月初旬の水沢2500mに固定されて今年で5回目を迎える。
 1番人気コミュニティ1・1倍、2番人気ライズライン6・7倍。この2頭だけが単勝ひと桁配当。
 大外からマイネヴァイザーがハナを主張し手綱をがっちりと抑える。2番手にライズライン、3番手外にコミュニティ。
 4番手内ロードロックスター、外シルクアーネスト、中団インにシェイプリー。ブルースイショウは7番手外をキープし、以下エアラギオール、ラブブレイブ、アクロスジャパン、最後方にイグゼキュティヴ。
 スタートから7秒1-13秒2-13秒8-13秒0-13秒2-12秒8-14秒6-14秒3-14秒0-12秒1-11秒8-12秒2-13秒3。
 岩手最長距離2500m戦・北上川大賞典は毎年のようにスローの流れだが、今年はさらに顕著。1周目スタンド前からガクンと減速。1300mから1900mをハロン14秒台で通過し、完ぺきな上がり勝負に持ち込まれた。
 2周目2コーナー過ぎまでマイネヴァイザーが先頭をキープしたが、残り800m地点からライズラインがスパート。一瞬のうちに抜け出し3コーナーで早くも5馬身リード。この賭けがズバリとはまった。上がり4ハロン49秒7-3ハロンは37秒3。これはライズラインの2週追い切りタイムとほぼ同じだった。
 レース後、村上忍騎手が記者との雑談で「追い切りどおりの競馬ができた」と語ったが、上がり37秒3を使い、なおかつ3ハロン標識で5馬身ほど後続を離していれば勝利を確信したのも当然だった。
 コミュニティも早めにスパートをかけ、ゴールでは確実に差を詰めたが、ライズラインが3馬身で押し切って完勝した。
 ライズラインはスクリーンヒーローの初年度産駒。重賞勝ち馬第1号となったが、同期のモーリスが春秋マイルGⅠ・安田記念、マイルチャンピオンシップを連勝して一気にブレイク。ほかにもゴールドアクター(アルゼンチン共和国杯)、グァンチャーレ(シンザン記念)など活躍馬が続々と誕生している。
 ライズラインも2歳時に若駒賞、南部駒賞の2歳二冠を制し、3歳時には岩手ダービー・ダイヤモンドカップ、不来方賞の二冠に加え、芝交流・オパールカップを優勝。
 今年は春のマイル王・シアンモア記念を制し、古馬のビッグタイトルを獲得。まさに岩手の王道を歩み続けてきた。
 しかし早池峰賞2着、岩鷲賞4着と短距離戦戦では伸びを欠き、芝に矛先を求めたが、桂樹杯、OROカップで折り合いを欠いて直線失速。表現は適切でないかもしれないが、歯車が狂った印象もあった。
 それを受けての前走・絆カップは中団のまま5着。折り合いが不安材料だったが、ひとまずそれ自体はクリアーした格好で、北上川大賞典を迎えた。
 ただ今回の舞台は長丁場2500mが舞台。毎年スローの流れ必至ゆえ、折り合いつくか否か―がネックだった。
 後述する村上忍騎手のコメントを読んでほしいが、前半は折り合いに専念し、上がり勝負に持ち込んだのが最大勝因。同騎手の好判断、好プレーが光った。
 思い出すのは1986年、春の天皇賞を制したクシロキング鞍上の岡部騎手談話。距離に不安があったクシロキングが、3200mを克服できたのは「マイルの競馬を2回走る競馬をさせればいい」だった。
 村上忍騎手は今回の勝利で4度目の北上川大賞典制覇。「次走予定は桐花賞です」と千葉幸喜調教師。

◆ジョッキー談話◆
優勝・ライズライン
 村上忍騎手
「シアンモア記念以降、白星から遠ざかっていたのでとてもうれしい。普段から調教でも乗っている馬ですから、喜びもひとしおです。
 春時点でスタッフと話し合い、まだ若い馬なので適性を探りながら、いろんな条件を試してきた。結果、今回は2500mを使うことになったが、カギは折り合いだけ。
 途中で抑え切れなくて先頭に立つかと思うところもあったが、何とか我慢してくれました。
 残り800mからスパートをかけたのはイメージどおり。3コーナーで後ろを確認したら、かなりリードがあったので大丈夫だなと。久し振りにライズラインらしい競馬ができました。
 折り合いをつけるためにいろんな道具を試してみたり、調教でもいろんなパターンにトライしてこのレースに臨みましたが、結果が出て非常に満足しています」
2着・コミュニティ
 山本政聡騎手
「残り800mでいきなりピッチが上がって、ついて行けなかった。上がり37秒台の競馬になってしまったら、さすがに厳しいですね」
3着・ブルースイショウ
 高松亮騎手
「もっと流れると思ったが、完全にスローに落とされた。ですが、終いはしっかり脚を使って伸びていましたから長距離向きだと思います」

| テシオ情報局 スペシャル | 16:11 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1062-aeb38bfc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。