PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月18日 第20回マーキュリーカップ報告

  今年のマーキュリーカップは難解を極めた。南関東勢が前年の覇者ユーロビートを筆頭に過去最強の布陣で臨み、北海道ナムラビクターは国際GⅠ・チャンピオンズカップ2着など実績断然。
  対するJRA勢は4年連続で登場し、13年の覇者ソリタリーキングは12月、名古屋グランプリ4着以来の実戦。マイネルバイカは川崎記念で4着確保したが、タイトルは白山大賞典のみ。
 ストロングサウザーは佐賀記念を優勝したが、ダイオライト記念6着。ユーロビート、クラージュドールに先着を許していた。
 またグランドシチーは高齢に加え、順調さを欠いていたし、マイネルバウンスは重賞で佐賀記念5着が最高。まさにどの馬にもチャンス十分の一戦になった。

 勝敗の分かれ目は高速決着とコース取り。そして前半スローに落ちたことだった。
 スタートからハロンラップをご覧ください。12秒5-11秒8-12秒4-13秒0-12秒8-12秒1-11秒8-11秒6-12秒0-12秒4。
 前半1000mを1分2秒5で通過し、後半1000mが59秒9。強力な逃げ馬が不在だったため流れが完全に落ち着いた。それでクラージュドール、ユーロビートが向正面から早めに動いたが、上がり3ハロン36秒0。差しタイプには苦しい上がり勝負に持ち込まれた。
 優勝したストロングサウザーの動きを何度もリプレイでチェックした。終始4番手外を追走していたが、直線入り口で先頭に立ったタイムズアローのさらに内を伸びて進出。これが最大勝因となった。
 どこで外からインに進路を選んだか。リプレイでは確認しづらかったが、ペースが上がった残り800mでマイネルバウンスが若干置かれたのを見て、瞬時に田辺裕信騎手=ストロングサウザーが内に潜り込んだ。さすが、と感服した。
 走破タイム2分2秒4は一昨年のナイスミーチュー2分1秒9、2012年のシビルウォー2分2秒1に次ぐマーキュリーC史上3番目の高速決着。これもストロングサウザーを後押しした。
  以上のことを頭に入れ、田辺騎手のコメントを読んでほしい。今年のマーキュリーCは田辺騎手の好判断が光る一戦となった。

勝利騎手コメント
田辺裕信騎手
「今日の馬場はコース取りが難しかったが、レースを見たり状態を聞いて臨みました。
 いつになくスタートを決めてくれましたし、スローの流れも良かった。直線は思い切って内を選んだが、もう一度ハミを取って伸びてくれた。
JBCクラシックをコパノリッキーで勝たせてもらったが、今回も結果を出せましたから盛岡は相性がいいんでしょうね。
表彰式でファンのみなさんからおめでとうと言われましたが、応援してくれて逆に感謝の気持ちで一杯です」

2着・タイムズアロー(真島大輔騎手)
「今日は内を回っても伸びそうだと思っていました。道中はマイネルバイカを壁にしてレースを進めることができたが、さらに内を突いて伸びた馬がいた。勝った相手が強かったというほかはないですね」

3着・マイネルバイカ(柴田大知騎手)
「ケイアイレオーネに早めに来られて厳しい競馬だったが、止まらないで頑張ってくれた。体重が大幅に減っていた(マイナス20キロ)のが気になったが、レースでは影響なかったようです」

4着・ユーロビート(吉原寛人騎手)
「後半で一気にペースが上がって去年みたいにはいかなかったが、3~4コーナーでしっかりハミを取って力は出し切ったと思います」

| テシオ情報局 スペシャル | 16:15 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1096-f233cc15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。