PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第21回クラスターカップ報告

  今年のクラスターカップはすばらしい一戦だった。iちゃんねる番組内で思わず「過去最高のクラスターカップでした」と断言してしまった。それほど熱くさせてくれた。

  戦前から頭を悩ませたのはダノンレジェンドの負担重量60キロだった。GⅠ制覇こそなかったが、ダートグレード7勝によって規定最高を背負わなければならなくなった。

 仮に58キロなら迷うことなく◎だった。実際、黒船賞、かきつばた記念で58キロで勝っている。おそらく59キロでも本命にしたかもしれないが、ほかの出走馬は54キロ以下。今考えても微妙だった。それが60キロでは、さすがに本命にできなかった。6キロ差はあまりにも大きすぎた。

  最終決断は◎ブルドッグボス〇ダノンレジェンド。ブルドッグボスは秋のグレード戦線に乗るためには、クラスターカップを絶対勝ちたかったはず。ホッコータルマエの西浦陣営は必勝態勢で臨んだ。

 ハナを主張したのは昨年同様、ダノンレジェンド。陣営はブルドッグボスの逃げも想定していたそうだが、控えたので無理せず先手を取ることができた。

  抜群のスタートを切ったのはラブバレットだった。1ハロン前まで若干リードしていたが、枠差もあってダノンレジェンドの外をピッタリ追走した。

  レースラップをご覧になってほしい。スタートから12秒5-11秒0-11秒5-11秒4-11秒1-11秒6。きれいに11秒台前半を刻んでいたが、ラブバレットの手応えは抜群。3~4コーナーではクビほどリードした。

 山本聡哉騎手「今季一番の状態で臨めたので、いいレースを見せたいと思っていました。道中は相手に楽をさせないようプレッシャーをかけました」

  これが今年のクラスターカップの最大見どころだった。ダノンレジェンドを楽には勝たせないぞ、の気概がヒシヒシと伝わってきた。一瞬、勝つかと夢を見させてくれた。

  しかし、残り200m手前でダノンレジェンドがゴーサインを出すと一気にラブバレットを突き放し、外に進路を取ったブルドッグボスの追撃も2馬身差で完封。あまりの強さにしびれてしまった。

  「トップハンデは強さの証」と言われるが、まさに今回のダノンレジェンドがそうだった。馬体重が男馬で450キロぐらい。ダート馬は大型が多い中、小柄なタイプながらエンジンが違いマザマザ。

 昨年、ダノンレジェンドはJBCスプリント・大井でコーリンベリーの逃げ切りを許したが、今年の舞台は川崎。村山明調教師「アメリカのトレーニングセールで購入した馬ですから、左回りが合う。今になって去年2着の悔しさが込み上げてきたので、今年こそ雪辱を果たしたい」。今度こそGⅠ制覇を!

 2着はブルドッグボスだった。ルメール騎手「勝ち馬のうしろにつけて直線でも反応が良かったが、相手が強すぎた。馬がワンランク上」

 3着ラブバレットの山本聡哉騎手「一旦抜けた場面もあったが、エンジンの差がありました。内容も含めて3着は健闘したと思う反面、もう少し食らいつきたかった」

  ラブバレットは敗戦を糧に、たくましく成長し続けている。この悔しさを胸に次走こそ勝利をモノにしてほしい。

| テシオ情報局 スペシャル | 17:53 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1100-b454abd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。