PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絆カップ、レディスヴィクトリーラウンド振り返り。南部駒賞展望

 まずは先週の振り返りから。11月6日、今シーズン盛岡のフィナーレ重賞「第6回絆カップ」へナムラタイタンが出6ヵ月ぶりに走した。
 装鞍所から動きを細部まで見た。馬体重を前走・シアンモア記念からプラス1キロで仕上げたのはさすがだ。ただ元々、サウスヴィグラス産駒の大型馬は緩い傾向だが、それでも体に余裕があった。
  レースはナムラタイタンが主導権を握った。前半3ハロン37秒2に対し、上がり3ハロン36秒4。オープン重賞ではスロー。
 ナムラタイタンがマイペースの逃げに持ち込んだが、ナリタポセイドンが残り800mから徐々に進出。あとは射程圏内に入れ、ゴール前できっちり捕えた。着差はハナだったが、ナリタポセイドンの先着は見た目でも明らか。
 ナリタポセイドンに騎乗した山本政聡騎手「スタートした瞬間、前に殺到したので控えて外に出せました。あとはペースが落ち着いていたので、少しづつ進出してナムラタイタンを射程圏に入れました。
  後ろからのタイプですから残り800mまで(馬に)我慢してもらって、スパートをかけたら反応がすばらしかった。
 今回は上がり勝負で勝ったのだから、価値があると思います。追い込み馬に不利の展開をはねのけたんですからね。
 今日はいつでも動けるポジションが取れたのが最大の勝因。本質的には距離は長い方がいいと思います」
  ナリタポセイドンはこれで転入2連勝。今回は1600m対応が不安だったが、流れも後押しして快勝。
 次の目標は水沢2500m・北上川大賞典。過去、中央ダート3勝は左回り。長い距離は大歓迎だろうが、小回り水沢をどうこなすかだが、絆カップのレースぶりから杞憂に終わりそうだ。
 一方、2着に敗れたナムラタイタンだが、驚異の粘りに改めて底力を実感した。この一戦を叩かれて良化は確実。
最大目標は桐花賞2連覇。おそらく手抜かり内陣営のこと。万全の態勢で臨むに違いない。

 前後して6日、10R・スプリント特別(盛岡ダート1200m)へダイワマッジョーレが出走。エーシンシャラクが5馬身差で圧勝したが、ダイワマッジョーレが2着を確保した。
 これが転入後、待望の初連対。芝では4着最高だったが、この日の末脚はなかなか。冬の水沢は融雪剤がまかれ、芝馬が活躍するケースが多々。今後のダイワマッジョーレに注目してほしい。

 7日は「レディスヴィクトリーラウンド」盛岡ラウンド。第1戦は上位4着まで男性騎手が独占したが、2戦目は木乃前葵騎手が1着、2着が鈴木麻優騎手
  コスモタウルス=鈴木麻優騎手が単勝1・6倍の圧倒的1番人気に支持され、カタオモイを退けて誰もが勝利を疑わなかったが、内をすくったプレミアムフレンチ=木乃前葵騎手が快勝した。
  当日の馬場は内が深く、外で決着するレースの連続。鈴木麻優騎手「外は意識していましたが、内から交わされるとは思わなかった。まさかという気持ちです」
 内の砂が深かったにもかかわらず、迷わずコース選択をした木乃前葵騎手の好プレーを称賛したい。「内が深いのは分かっていましたが、馬の行きたい気持ちを優先させたら2戦目を勝つことができました」。さすが重賞3勝騎手だ。

  今週から水沢競馬場が戦いの舞台。コース替わり、馬場状態、先行有利か差し有利か。今の時点では分からないが、乾くと時計がかかる馬場になりそうだ。まずは第1Rから傾向をしっかり把握してほしい。
  注目レースは13日(日)、2歳伝統の重賞「第44回南部駒賞」(M1 水沢1600m)。今年は北海道から4頭が参戦する。
 前哨戦の知床賞は北海道ダンストンレガーメに軍配が上がった。ゴール前でメモリーダンスをハナ差で差し切って快勝。この例を引き出すまでもなく、北海道勢は強力。
 一方、岩手勢はビギナーズカップ、若駒賞と重賞2連勝中サンエイリシャール、同2着ベンテンコゾウ、知床賞2着メモリーダンスらが迎え撃つ。
 現在、岩手が3連覇中だが、果たして今年の優勝馬は北海道か、岩手か。

| テシオ情報局 スペシャル | 15:18 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1104-02d4b0b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。