PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダービーグランプリ回顧。ラブバレット、笠松グランプリ2連覇達成!

 先週20日、3歳世代最後の交流「第29回ダービーグランプリ」は例年にも増して水沢競馬場は熱く盛り上がった。
  3年の休止から復活して今年で7回目。かく言う自分もワクワクして発走時刻を待っていたが、パドックでライターの石田敏徳さんと会った。
  2014年のJRA馬事文化賞を『黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語』で受賞した方だ。
「今年は何かがありそうな予感がしたので来ました。ダービーグランプリを生で観戦するのはミスタールドルフ以来です」
 渡辺壮騎手とのコンビで優勝したのは1993年だから23年前のこと。ミスタールドルフは帝王シンボリルドルフの初年度産駒でトウカイテイオーと同期。
 ミスタールドルフは1993年11月21日、1頭だけ別次元の競馬をした。3コーナー手前まで後方にいたが、大外を回ってひとまくり。あまりの強さに周囲はあ然としたものだった。
 今年のダービーグランプリに創設から成長期に入った時を思い起こしたのは自分だけではなかったはず。
  勝ち馬がレースグレードをあげ、レースが勝ち馬の価値をあげた時代。それとオーバーラップした。
 沖縄からもわざわざライターの富井さんも来てくださった。想いはそれぞれ違うだろうが、何かがありそうな予感はみんなに共通していた。
 そのような中、優勝したのはカネヒキリ産駒トロヴァオだった。
 カネヒキリは2005年、GⅠ格付けだったダービーグランプリを優勝。史上初めて父仔制覇の快挙を果たした。
 今年5月、カネヒキリは種付け中の事故で亡くなった。
 不治の病・屈腱炎から2年9ヵ月もの長期休養から復活。ジャパンカップ・ダート、東京大賞典、川崎記念とGⅠ3連勝を決め、多くのファンの感動を呼んだ。
 たまたまだったが、ジャパンカップ・ダートを生で観ることができた。あの時、阪神競馬場で行われ、同日にワールドスーパージョッキーも開催。
 菅原勲元騎手が地方代表で参戦し、その取材に行ったときにカネヒキリ奇跡の復活劇に立ち会うことができた。
  それゆえ思い入れは相当強かっただけに、死亡の報に落胆した。
 今回、トロヴァオの優勝は父への弔いだと勝手に解釈している。父のためにもさらに飛躍することを願ってやまない。
  2着は地元エンパイアペガサスが確保した。トロヴァオから6馬身離されたとは言え、価値ある2着。
 これまで同世代の地元同士の戦いしか経験なく、いきなり全国区。期待を抱きながらも苦戦は免れないだろうなと思っていただけに喜びもひとしおだった。
 村上忍騎手「初めての経験でも頑張ってくれた。流れはそれほど速くなくてイメージとは違って上がり勝負に持ち込まれたが、それで2着は価値がある。馬場を考えると内に入れたかったが、このような競馬ができたのも収穫です」
 残念ながら岩手三冠達成。そして9連勝はならなかったが、誰もが賞賛する2着。仮に桐花賞へ出走すれば、ファンから熱い視線を集めるのは確実。エンパイアペガサスの激走にも感動した。

 24日、ラブバレットが1000万レース「第12回笠松グランプリ」に出走。1番人気は北海道オヤコダカに譲ったが、鮮やかな逃げ切りを決めてくれた。しかも従来の笠松1400mレコードを更新したのだから感服した。
 昨年の年度代表馬はナムラタイタンが選ばれたが、今回の優勝でラブバレットが最有力候補となった。2年連続制覇、お見事でした。

| テシオ情報局 スペシャル | 20:26 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/1106-dacd6ddc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。