FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マヨノエンゼル号に騎乗して阿久利黒賞へ臨む山本政聡騎手に聞く

 4月19日はクラシック第一弾・岩手版皐月賞「第9回阿久利黒賞」(水沢1600m)。ポスト・ワタリシンセイキが今季3歳戦線の最大焦点だったが、トライアル「スプリングカップ」を完勝したマヨノエンゼルが最有力候補に浮上した。
 以降のクラシックロードとなる岩手ダービー・ダイヤモンドカップ(6月1日)、不来方賞(11月22日)へ向けても好発進を決めたいところ。
 そこで今回、マヨノエンゼルとのコンビで阿久利黒賞へ臨む山本政聡騎手に話を聞いてみた。


山本政聡騎手


―スプリングカップ、1番人気に見事応えて優勝しました。おめでとうございます
 スタートで出遅れてしまって一瞬ヒヤッとしましたが、今のマヨノエンゼルならどんな競馬でもできるので、前半は無理をせず後方に待機しました。

―そして2コーナー過ぎからロングスパートをかけました
 センリグランピーが動いたので、内に包まれるのをさけようと仕掛けました。結果的にインを突くことになりましたが、4コーナーで前の2頭(トキワノマツカゼ、ダンストンジール)を射程圏に入れた時に大丈夫かなと思いました。

―道中、ずっと追いっぱなしでしたが・・・・・・
 この馬は追えば追うほど伸びるタイプ。決して反応が悪い訳ではありません。

―確かに直線の脚色が違いました
 前の競馬もできますし、差しに転じても直線で確実にいい脚を使ってくれます。小さな馬ですが、本当にすばらしいバネを持っています。

―スプリングカップが初の3歳特別制覇だそうですね
 はい。実は5年前、ひなげし賞(岩手版オークス・ひまわり賞トライアル)で自分がピスカリパピヨンに騎乗。ハナ差2着に敗れてチャンスを逃がしたんですが、その時の優勝馬がマヨノエンゼルのお母さんエムケイミラクルでした。これも何かの縁かもしれませんね。

―当日も1番人気、間違いなしです
 プレッシャーがないといえばウソになりますが、マヨノエンゼルが一番強いんだ、と自分に言い聞かせて臨みます。



| テシオ情報局 スペシャル | 17:13 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/339-7983f7d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。