FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オウシュウクラウン引退。馬っこパークで乗馬のトップをめざす

 岩手競馬2006年度の年度代表馬オウシュウクラウンがこのほど引退。今後は盛岡近郊、滝沢村にあるに『馬っこパーク』(理事長・山手完嗣氏)で乗馬の道を歩むことになった。

2歳・若駒賞出走時
初の重賞出走は2歳の若駒賞。4番人気4着、この頃は同厩のアテストに先着を許していた


 オウシュウクラウンは03年4月12日、アラブ首長国連邦ドバイで生まれ。父は日本でも馴染み深いジェイドロバリー。
 05年7月にデビューし新馬戦を快勝。その後は休養などもあり、7戦2勝から冬期間は一旦、南関東へトレードされ、移籍初戦のブルーバードカップを快勝した。
 南関東で3戦1勝の成績を残して再び岩手へ里戻り。そこから快進撃が始まり、岩手ダービー・ダイヤモンドカップを含め4連勝をマーク。
 勢いを駆って大井・ジャパンダートダービーへ挑戦し、7番人気を覆して3着に健闘。一躍、全国から注目を集める存在となった。
 地元開催のGI(当時)ダービーグランプリこそ7着に敗れたが、岩手版グランプリ・桐花賞で古馬を一蹴。多くのファンの前で世代交代を完了させた。
 翌年の川崎記念で放馬のアクシデントが発生し、以降は自問自答を日々を送り1年1ヶ月の長期休養。復帰後も実力の片りんをのぞかせたが、慢性的な脚部不安のため先日引退を決断した。
 そこで今回のテシオ特集はオウシュウクラウンを管理した櫻田浩三調教師、『馬っこパーク』理事長・山手完嗣氏に話を聞いてみた。

一時代を築いたオウシュウクラウンが引退しました
櫻田浩三師:厩舎に戻ってから左前の球節がずっと腫れていましたが、そこはうまく固まって落ち着きました。ですから見た目ほど気にすることはなかったんですが、逆の脚をかばって熱を持ちました。それでこれ以上、現役を続けるのはかわいそうだと思って、オーナーと相談。行き先を探していたところ、馬っこパークが是非と言われたのでお譲りすることにしました。

全国にファンが多い馬ですからね。現役引退は寂しいでしょうが、その後の行き先も決まって安心したと思います
 馬っこパークは競馬場からも近いし、トウケイニセイも余生を送っていますからファンも行きやすいんじゃないですか。自分も時々、会いに行こうと思っています。

今後は乗馬の道を目指すと聞きました
 競走馬から転向した馬で成功するケースはオープン馬が多いですからね。多分、学習能力が高いからオープンまで行けたでしょうし、オウシュウクラウンも結構賢い。今度は乗馬の世界で全国に名前をとどろかせてほしいと願っています。

最後のレースとなった青藍賞
最後のレースとなった青藍賞


続いてこれから引き受け先となる馬っこパーク理事長・山手完嗣氏
オウシュウクラウンが馬っこパークに入ったと聞いて正直、驚きましたが、反面、ホッとしました
 岩手の年度代表馬にも選ばれた馬ですからね。私たちも楽しみにしています。私自身が獣医師ですから去勢手術も施しました。オウシュウクラウンが馬っこパークに来たのは3日前(24日)。術後の落ち着きを待ってから乗馬を教えることになりますから、乗り始めるのは先になると思います。

もしオウシュウクラウンが乗馬でも成功すればファンも喜ぶと思います
 過去にもトップを張った競走馬は乗馬でも成功したケースは結構多い。じっくり教え込んでいけばモノになると信じています。

馬っこパークの選手で今年の国体で上位入賞をした方もいます
 菊地(恵美)さんですね。今年も5位入賞を果たしていますから、スタッフも一生懸命に教えてくれるでしょう。

馬っこパークにトウケイニセイがいて、今度はオウシュウクラウンも仲間入りした。これは岩手のファンからしても嬉しいことです
 これから大変なことが多いと思いますが、乗馬でも成功させてやりたい。みなさんも是非、応援をよろしくお願いします。

| テシオ情報局 スペシャル | 08:00 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/401-4bb6e13c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。