FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テシオ特集 コスモヴァシュラン 河津裕昭調教師に聞く

2010せきれい賞 コスモヴァシュラン


―せきれい賞、3連覇がかかっています。
盛岡芝と相性抜群ですからね。このレースに照準を合わせてローテーションを組んできました。

―昨年も中央の芝を使って参戦でした。
去年は福島、今年は中山を使いました。コスモヴァシュランには前半スローで流れる盛岡芝2400mがベストの条件だと思っています。

―昨年10月から半年ほど休養しましたが…。
ええ。別に脚元とか状態不安とかではなくリフレッシュするために思い切って休ませました。そのお陰で馬は衰えなく元気一杯です。

―盛岡芝を使おうと決めたのは?
跳びが芝向きだと思ったからです。最初は3年前のOROカップ。あの時、前がふさがる不利がありながら0・7秒差。これで感触をつかんだので翌年、せきれい賞に挑戦しました。

―そこでコスモバルクを破る大金星をあげました。
いい勝負すると踏んでいましたが、まさかコスモバルクに土をつけるとはね(笑)。不良馬場も合ったんでしょう。行きっぷりがすばらしかった。

―そしてせきれい賞2連覇。3角まくりの派手なパフォーマンスにもファンは驚いています。
典型的なステイヤーなんでしょうね。スタミナがあるのでロングスパートをかけてもバテない。長ければ長いほどいいタイプです。

―いつ盛岡入りしますか?
前日に入ります。輸送はまったく問題ないですし、夏負けも大丈夫。相変わらず追い切りでは動きませんが、いい状態で臨めます。

―今年はそうそうたる顔ぶれとなりました。
みたいですね。盛岡芝を狙った馬たちが多いようですが、適性の高さには自信があります。今年も是非、結果を出したいですね。

| テシオ情報局 スペシャル | 18:00 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://specialtesio.blog119.fc2.com/tb.php/525-a7838bf7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT